趣味

バラの季節到来! お手入れの基本をおさらい


2018.05.03

撮影:桜野良充 撮影協力:横浜イングリッシュガーデン

美しいバラが次々と花開く、楽しみな季節がやってきました。いよいよバラ栽培の始まりです。バラ育種家の河合伸志(かわい・たかし)さんに、お手入れの基本を教えてもらいました。

 

*  *  *

 

バラの開花は5月に始まります

 

バラは、桜前線と同じように、南九州では5月の連休ごろから咲き始め、関東近郊では5月中旬、東北地方では6月、北海道では7月上旬と、暖かい地方から季節にともない北上していきます。

 

全国でバラの開花が始まるころ、ガーデンセンターやバラの専門店、バラを植えている観光施設や庭園などでも苗が多数販売されます。ぜひ、お近くのショップやバラが咲くスポットで、健康に育っているバラの苗を入手して、憧れのバラのある生活をスタートしましょう。

 

苗を入手したらなるべく早く植えつけを!

 

流通する鉢苗は輸送性を考えて小さめの鉢に植えられているため、そのままでは順調に生育しません。より立派な株に育てるためには、鉢や庭への植えつけが必須です。テキストでは、その手順と作業のポイントを詳しくご紹介しています。

 

日ごろの水やりとお手入れ

 

鉢植えの水やりはなるべく午前中に

 

鉢植えは、表土が乾いてきたらたっぷりと与えます(表土の色の変化を覚えておくと、水やりのタイミングがわかります)。水やりはなるべく午前中に行います。夕方以降に水やりすると、鉢底から流れ出た水が乾ききらずに残り、夜間の湿度が上がるため病気発生の原因になります。夜間まで水気を残さないのがポイントです。夕方に葉がしおれ始めている場合は、応急処置として鉢底から流れ出ない程度に軽く与え、翌朝再度たっぷり与えます。

 

庭植えは、活着後は晴天が続かないかぎり特に水やりの必要はありません(庭に植えつけ後1か月程度はこまめに与える必要があります)。

 

花がら切りと花後の剪定

 

花弁が茶色く変色してきたり、散り始めたら適宜行います。切る長さは、おおむね春から伸びた花枝の長さの上部3分の1を目安に、芽の上(葉がある場所)で切ります。房咲きは終わった花から順次切り、全部終わったら花枝を同様に切ります。

 

花が終わったら肥料(お礼肥)を施す

 

二番花、三番花を咲かせるために、鉢植えの株は表土の上に、庭植えは株元から20〜50cm程度離した付近(大きく育った株ほど離します)に、有機質固形肥料などを規定量施します(施肥量は肥料ごとに異なり、また鉢の大きさによっても変わるのでパッケージを確認すること)。

 

■『NHK趣味の園芸』2018年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000064072342018_01_136 

韓国ドラマ・ガイドブック 仮面の王 イ・ソン

2018年04月17日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000069235832018_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 半分、青い。 Part1

2018年03月26日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000061992612018_01_136

NHK趣味の園芸 栽培のコツがわかる ベランダガーデニング

2018年03月17日発売

定価 1188円 (本体1100円)