趣味

宙に実がなる! 空中栽培でミニカボチャ


2018.05.10

撮影:渡辺七奈

カボチャが宙に実って楽しい支柱を使った栽培。小さな菜園にもおすすめです。ミニカボチャの栽培のポイントを、恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田智(ふじた・さとし)さんが指南します。

 

*  *  *

 

空中栽培でコンパクトに育てる

 

カボチャはつるや葉がどんどん伸びるので、地這(じば)い栽培にすると、2m×2mと広い面積が必要になります。支柱を立てて上につるを伸ばす空中栽培なら、1m×60cmのスペースでOK。風通しや日当たりもよくなって、病気のリスクも減ります。1株で5〜6個のミニカボチャが望めますよ。

 

親づるの摘心(てきしん)で雌花(めばな)をたくさんつけさせる

 

カボチャは子づる(わき芽)に多く実をつけるため、本葉が6〜7枚になったら、親づる(主枝)の先端をハサミで切り取り(摘心)ましょう。わき芽に栄養が回って子づるが勢いよく伸び、雌花がたくさんつきます。

 

つるが伸びたら1週間に1回誘引する

 

気温が上がってくると、カボチャのつるは伸びが早くなるので、こまめな誘引が必要です。支柱やひもに結べる長さになったら、1週間に1回ずつ、つるを支柱などに結び、上へ上へと誘引して育てます。

 

※テキストでは作業手順を写真入りで詳しく解説しています。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2018年4・5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000057022019_01_136

NHK連続テレビ小説 なつぞら(下)

2019年08月29日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000162682019_01_136

NHK俳句 ひぐらし先生、俳句おしえてください。

2019年07月20日発売

定価 1404円 (本体1300円)