趣味

土の困ったQ&A


2018.02.18

イラスト:山村ヒデト

「土の困った」にまとめてお答えします。これで土の悩みはすべて解決!春からの野菜作りは、成功間違いなしです。

 

*  *  *

 

Q1:土は、どのくらいの深さまで耕せばよい?

 

野菜の根が主に張るのは、土の表面から深さ20cmほどまでの間です。この部分がフカフカなら根が張りやすく、野菜が養分や水分を十分に吸収できます。深さ20cmを目安に耕しましょう。これが「作土」といわれる部分で、割り著の端を持って土にさし、スッと全体が入っていくようならOKです。

 

作士の下の土(下層土/かそうど)も重要です。硬く締まっておらず、軟らかすぎないのがよい土です。支柱などの棒を力いっばいさし込んだとき、深さ60cmくらいまで入ればよいでしょう。棒が入る深さまで、根を張ることができます。

 

Q2:堆肥をたくさん入れるほどよい土になる?

 

堆肥は、有機物と微生物のかたまりです。これを畑に入れることで、土が軟らかくなったり、微生物の種類と量が増えたりと、よいことがたくさんあります。しかし、たくさん入れればよいというものではありません。

 

その理由の一つが、堆肥にも肥料分が含まれていることです。大量に施し続ければ、肥料過多になり、収穫量が減ることがあります。特に、家畜ふん堆肥は、肥料分を多く含むので注意しましょう。また、バーク堆肥など、軽く、かさのある有機物を含む堆肥の場合は、水はけがよくなりすぎて、乾燥による被害を受けやすくなることがあります。

 

Q3:土は耕せばフカフカになる?

 

土は、耕せば空気が土の中に取り込まれ、軟らかくなります。しかし、それだけでは、すぐにまた硬くなりやすいので腐葉土やバーク堆肥などの堆肥を投入しましょう。軽くてかさのある有機物によって、土の中にすき間ができます。さらに有機物が土壌微生物によって分解されてできる腐植が、「のり」の役割をして、次第に土の団粒構造も発達していきます。

 

土をフカフカにするには、緑肥を育てるのも効果的です。緑肥は野菜よりも深い位置まで根を張り、土を軟らかくします。さらに、土にすき込んだ緑肥が分解されるとき、土壌微生物が増えるために腐植も増えて、土の団粒化が進みます。

 

Q4:野菜を育てるごとに石灰をまいているけれど、大丈夫?

 

ほとんどの野菜にとってふさわしい土のpHは、6.0〜6.5の弱酸性です。石灰資材を施しすぎると土がアルカリ性に傾き、微量要素の欠乏症が現れやすくなります。

 

そのため、できれば野菜を育てるごとに土のpHを測りたいところです。それが大変なら、年間で100〜200g/平方メートルとなるように苦土石灰(くどせっかい)を施すとよいでしょう。

 

Q5:プランターの培養土は自分で作れる?

 

もちろん、自分で作ることができます。市販の培養土に比べ、内容がはっきりしている分、安心です。

 

堆肥として、腐葉土を使う場合と、牛ふん堆肥を使う場合とで配合の割合が変わってきます。どちらを使っても、出来上がる土に基本的な違いはないので、手に入りやすいほうを使えばよいでしょう。

 

土は、市販の黒土、赤玉土のほか、砂と粘土の両方をほどよく含む土であれば、畑の土も利用できます。畑の土を使う場合は、pH調整のために苦土石灰を混ぜてください。特にトマトやホウレンソウを育てるときは、忘れずに入れましょう。購入したての黒土や赤玉土は弱酸性のため、pH調整は不要です。元肥(もとごえ)の量は野菜の栽培期間によって調整し、長期裁培の野菜は必要に応じて追肥を施します。

 

自家製培葉土(10リットル)の作り方

 

腐葉土を使う場合

 

・土(※1)……7リットル

・腐葉土……3リットル

・化成肥料(N-P-K=8-8-8)……20〜30g(※2)

 

牛ふん堆肥を使う場合

 

・土(※1)……9リットル

・牛ふん堆肥……1リットル

・化成肥料(N-P-K=8-8-8)……20〜30g(※2)

 

※1:市販の黒土、赤玉土(中粒)のほか、砂と粘土の両方をほどよく含む土であれば、畑の土も使える。

 

※2:コマツナやホウレンソウなど、栽培期間が短い野菜の場合は20g、トマトやキュウリなど長めのものは30gが目安。なお、畑の土を使う場合は、苦土石灰50gを混ぜる。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2018年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000064072342018_01_136 

韓国ドラマ・ガイドブック 仮面の王 イ・ソン

2018年04月17日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000069235832018_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 半分、青い。 Part1

2018年03月26日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000061992612018_01_136

NHK趣味の園芸 栽培のコツがわかる ベランダガーデニング

2018年03月17日発売

定価 1188円 (本体1100円)