趣味

箱庭菜園で鍋野菜


2018.01.23

栽培のポイント(撮影:渡辺七奈)

プラスチックの保存容器を使って、室内で鍋野菜を育てましょう。園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんに「箱庭菜園」の楽しさを聞きました。小さな菜園の景色が、冬の窓辺で楽しめますよ!

 

*  *  *

 

キッチン用の保存容器で葉もの野菜を栽培しよう

 

寒い冬は、ひと息ついたベランダ菜園の代わりに、室内で鍋野菜を作ってみましょう。プラスチック製の保存容器をプランターにして、木箱などに並べて管理すれば、野菜の成長を観察しながら菜園の景色が楽しめる「箱庭菜園」になります。

 

今回栽培するのは、コマツナ、ミズナ、シュンギク、リーフレタスなど、ベビーリーフから収穫できて、鍋料理でも楽しめる葉もの野菜。同じ野菜で複数の品種のタネをまいたり、タネまきのタイミングをずらしたりして組み合わせれば、葉の形や色の違い、生育段階による景色の違いも楽しめます。

 

箱庭菜園は軽くてコンパクトなので、温度や日当たりなどに合わせて手軽に置き場を移動できて、管理がラクな点も魅力です。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2017年12月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000064072342018_01_136 

韓国ドラマ・ガイドブック 仮面の王 イ・ソン

2018年04月17日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000402822018_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ(9)アジサイ

2018年04月20日発売

定価 1296円 (本体1200円)

000000162572018_01_136

NHK将棋シリーズ 親子で楽しむ はじめての将棋

2018年04月18日発売

定価 1080円 (本体1000円)