趣味

プランター栽培にふさわしいのはどんな土?


2017.11.30

プランターで野菜を育てるには、どのような土が向いているのでしょうか。畑とプランターとの環境の違いから、東京農業大学名誉教授の後藤 逸男(ごとう・いつお)さんに解説していただきました。

 

*  *  *

 

畑とプランターでは水の動き方が異なる

 

畑でもプランターでも、野菜が元気に育つ土の条件は、基本的には変わりません。水はけと水もちがよいことに加え、肥料もちがよく、さらには、多種多様な微生物がすんでいるのがよい土です。しかし、畑とプランターとでは環境が異なるので、土の中の水の動き方にも違いがあります。

 

畑の土は、大地とつながっています。雨などによってもたらされた水は土に浸透し、下層に蓄えられます。表層の土が乾いてくると、この水が上昇して土を潤すため、すぐに土が乾くことはありません。

 

一方、プランターの土は、大地とつながっていません。そのため、下層に水が蓄えられることはなく、水は鉢底穴から流れ出ます。土の量が限られているため、乾きやすい特徴もあります。こうしたことから、プランター用の土には、畑の土よりもシビアな条件が求められます。

 

プランター用の土に求められるもの

 

水もちのよい土がプランターに向いていると思うかもしれません。もちろん、水もちのよさは大切です。しかし、プランターでは、限られた空間に根がぎっしりと張るため、根が酸欠状態になりやすく、畑以上に通気性のよさが求められます。新鮮な空気は、土の間を水が抜けたあとに入ってくるので、「水はけのよい土=通気性のよい土」ということになります。

 

また、プランターでは、頻繁な水やりが不可欠です。肥料分が水と一緒にプランターの外に流れ出てしまうので、肥料もちのよい土であることも重要です。

 

畑の土を使ってもよい

 

プランターなどの容器栽培用にさまざまな培養土が市販されていますが、野菜を育てるのなら、畑の土も利用できます。もちろん、野菜がうまく育っている土であることが条件です。畑の土は、野菜が育ちやすいように、長年にわたり手を加えてきたもので、多様な微生物もすんでいます。作られたばかりの培養土より、よい土ともいえます。

 

とはいえ、プランター用の土には、畑の土よりも、水はけも肥料もちもよいことが求められます。肥料もちを改善し、水はけをよくする効果がある粒状のゼオライトを土に混ぜ、肥料を吸着する力が強い鹿沼土(かぬまつち/大粒)を鉢底石代わりに使うとよいでしょう。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2017年11月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000312142020_01_136

スウェーデンから届いた とっておきニット 帽子・ミトン・ベスト

2020年01月16日発売

定価 1980円 (本体1800円)

000000093602020_01_136

QUEEN in 3-D

2020年01月24日発売

定価 5940円 (本体5400円)

000000312132020_01_136

斉藤謠子の 布で描くいきものたち

2020年01月24日発売

定価 1980円 (本体1800円)