趣味

秋山次郎九段VS.洪清泉三段 「全く見たことのない進行」の序盤


2017.11.09

左/秋山次郎(あきやま・じろう)九段、右/洪清泉(ほん・せいせん)三段 撮影:小松士郎

第65回NHK杯1回戦 第18局は、秋山次郎(あきやま・じろう)九段と洪清泉(ほん・せいせん)三段の対局となった。高見亮子さんの観戦記から、序盤の展開を紹介する。

(本文中の肩書・段位は放送時のものです)

 

*  *  *

 

見事に戦いが続き

 

秋山次郎九段と本局解説の加藤充志九段は、菊池康郎氏が主宰する「緑星囲碁学園」で研さんを積んだ。通称「緑星」は、山下敬吾九段をはじめ、多くのトップ棋士を育て上げた名門だ。

 

時代は移り、現在「名門」を継いでいるのは洪清泉三段が立ち上げた「洪道場」だろう。師匠を問わず誰もが学べる点で形態は異なるが、出身者には平田智也七段、一力遼七段、芝野虎丸七段、藤沢里菜女流本因坊など多くの若手強豪棋士がいる。洪は指導者として実績を残しつつ、2009年には自身も棋士になり活躍している。

 

さて、対局前の控え室では、温厚な秋山が静のイメージなら、何事にも興味津々の洪は動。対照的ながら、棋風は共通している。

 

「お二人とも攻めを得意とし、狙いを持った碁。どちらのパンチが入るかが見どころです」。両者は初対局だが、加藤九段は戦いの碁になることを全く疑うことなく予想した。

 

見たことがない

 

加藤充志九段の予想どおり、瞬く間に戦いが始まった。

09189102017_p046_01

まず、洪清泉三段の白10のサガリが珍しい。定石どおり白11のツギなら黒は手を抜けるが、実戦は白Aで隅の黒が危うい。黒17と守らせて白Bが洪の想定図だったようだ。だが、秋山次郎九段は黒11と反発した。「ここに切られた経験がなくて」(洪)、「僕も切った経験がない」(秋山)とは局後の両者の笑顔の会話だ。戦端が開かれ、黒17まで「全く見たことのない進行」(加藤九段)となった。

 

「黒19がどうでしたか?」と洪が疑問を投げかけ、秋山も、「この押しではなく、黒21、白22を交換したあとに黒Cとトブほうがよかったですね」と応じる一コマもあった。実戦は黒27までと中央を補強し、右辺の白を治まらせ、黒29と下辺の攻めに向かったのだが、このあとの戦いは白がペースを握ることになったためだ。

 

右下隅は、1図の白1には黒10まで、aの弱点があり、白がオイオトシで取られる。白はのちにDを狙うところだと加藤九段は言う。

09189102017_p046_02

白30から32のツケが、洪の放った強手だった。2図の黒1は白6まで、aとbが見合いでハマリとなる。黒1でcも白の注文だ。

09189102017_p046_03

■『NHK囲碁講座』2017年10月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000056852017_01_136

おんな城主 直虎 四

2017年09月29日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000817222017_01_136

西郷どんとよばれた男

2017年08月29日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000000056872017_01_136

NHK連続テレビ小説 ひよっこ 下

2017年09月11日発売

定価 1404円 (本体1300円)