趣味

佐藤和俊六段の背中を押した加藤一二三九段の入門書


2017.10.31

撮影:藤田浩司

2017年10月からEテレ『NHK 将棋フォーカス』の講師を務めている佐藤和俊(さとう・かずとし)六段。初めて買ってもらった一冊の入門書が、小学生だった佐藤六段にある決意をさせたといいます。

 

*  *  *

 

少年時代の決意 小学校卒業時に自分の道決める

 

小学校4年生の11月頃、私の出身地の千葉県にある柏の将棋センターに通うようになりました。なぜ強くなりたいと思ったのか、きっかけはまったく思い出せません。ただ初めて買ってもらった将棋の本は、加藤一二三九段の入門書だったと記憶しています。

 

その本にプロ棋士になるためには、まず奨励会に入らなければいけない。入会の目安として小学校6年生でもアマ四、五段の実力が必要と書かれていました。目標として小学校卒業までに、その棋力が身につかなければ将棋は趣味として楽しもう——そう思ったことは今でも覚えています。

 

初めて買ってもらった本を読んで子ども心に1つの決意が芽生えて、それが自分の道になりました。これも何かの縁でしょうか。

 

■『NHK将棋講座』2017年10月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000056852017_01_136

おんな城主 直虎 四

2017年09月29日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000817222017_01_136

西郷どんとよばれた男

2017年08月29日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000000056872017_01_136

NHK連続テレビ小説 ひよっこ 下

2017年09月11日発売

定価 1404円 (本体1300円)