趣味

スコアメイクを左右するクラブ14本の選択


2017.10.26

写真は谷コーチのクラブセッティング。ウッドはドライバー、3W、5W、21度のユーティリティの4本。アイアンは4番から。PW(46度)、AW(52度)、SW(58度)、パター。撮影:高木昭彦

ラウンド中、携帯できるクラブは14本以内がルール。この14本をいかに自分に合った組み合わせにするかがとても大切だ。ツアープロコーチの谷 将貴(たに・まさき)さんに選び方のポイントをうかがった。

 

*  *  *

 

よくあるのは、ドライバー、3W(スプーン)、5W(クリーク)、7WorUT(ユーティリティ)、9WorUT、5I〜PW(ピッチングウェッジ)、AW(アプローチウェッジ)、SW(サンドウェッジ)、パターの構成。しかし昨今のアイアンはストロングロフト化により、5Iは一昔前の3I〜4Iと変わらない。ロングアイアンが苦手な方は、5Iの代わりにFWやUTを入れるとショットのやさしさは増す。

 

また、アプローチが苦手な人はウェッジの構成を見直すのも手。ウェッジを1本増やし、ウッドを1本減らす、あるいはウェッジのロフトやバウンス角を変えてみる、バンカーが苦手な人はバンカー用のウェッジを入れてみるなど。

 

プロは、コースによってウッドとウェッジの使用本数を変える場合も多い。ドライバーで悩んでいた某プロは、ドライバーを2本入れてラウンドしたという話もある。

 

14本は自分で好きに選べるのだから、苦手クラブを入れないのもスコアアップには重要だ。

 

ところで、ラウンド中15本以上のクラブを携帯した場合、ルール上ペナルティは何打か? 答えは、1ホールにつき2打罰がつく。ただしこの罰打には上限があり、1ラウンドで4打罰までと決まっている。つまり1ホール目で気づいて不使用宣言をすれば2打罰、2ホール目以降で気づいたら、何ホール目であろうと4打罰ということになる。

 

■『NHK趣味どきっ! 今どきっ! ゴルフはシンプル&スタイリッシュ』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000056852017_01_136

おんな城主 直虎 四

2017年09月29日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000817222017_01_136

西郷どんとよばれた男

2017年08月29日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000000056872017_01_136

NHK連続テレビ小説 ひよっこ 下

2017年09月11日発売

定価 1404円 (本体1300円)