趣味

奨励会同期の絆…棋士とライター、二人三脚で作ったテキスト


2017.09.27

撮影:藤田浩司

半年間にわたってお届けしてきた講座「船江恒平の終盤は筋よく指そう」も今月で最終回となりました。講師を務めた船江六段が、コラム「恒平のつぶやき」でテキスト制作の裏側を語ります。

 

*  *  *

 

このテキストの構成は指導棋士の池田将之さんにお願いしてきました。まずは私が部分図や実戦の題材、解説の内容を用意します。それを池田さんにチェックしてもらい、文章が分かりやすくなるように協力してもらいました。

 

観戦記者として多くの記事を書いている池田さんの表現は豊かで、細かい直しで原稿の厚みがぐっと増していることに、感心したものです。

 

池田さんとは奨励会が同期ということもあり、とても長いつきあいになります。そのため、意見を伝えやすく、講師として自分の色を出せたテキストになったと思っています。

 

同期の2人が二人三脚で作り上げたテキスト。皆さんの終盤力向上に役立てたなら、これ以上の喜びはありません。

 

■『NHK将棋講座』2017年9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000064072492019_01_136

韓国ドラマ「100日の郎君様」公式ガイドブック

2019年07月17日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000057062019_01_136

クジラアタマの王様

2019年07月09日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992842019_01_136

NHK趣味の園芸 多肉植物 パーフェクトブック

2019年06月25日発売

定価 1512円 (本体1400円)