趣味

38年連続出場の谷川浩司九段、初心に帰るべく


2017.09.20

左/谷川浩司九段、右/阿部健治郎七段 撮影:河井邦彦

第67回 NHK杯戦 1回戦 第11局では、38回連続出場の谷川浩司(たにがわ・こうじ)九段が、28歳の阿部健治郎(あべ・けんじろう)七段を迎え撃った。上地隆蔵さんの観戦記から、序盤の展開を紹介する。

 

※本文中の肩書は放送時のものです。

09191082017_p060_01

*  *  *

 

敬服

 

谷川は38回連続のNHK杯戦出場で、一度も予選を経験したことがないという。38年といえば、気の遠くなる年月。早熟の天才として一流に上り詰め、それを長期で継続している谷川には敬服する。今年1月、三浦弘行九段の一件で約5年間務めた会長職を辞した。「心身ともに不調をきたすようになった」と語る谷川の顔は青ざめ、やつれていた。光速流の活躍を望むファンは、まだまだ多い。全国に届くNHK杯戦は健在ぶりをアピールする格好の場であり、谷川は朝から意欲を見せた。

09191082017_p060_02

前例にない手

 

阿部は攻める気マンマンで△3三桂(2図)と跳ねた。▲2六飛は△4四角、▲2八飛は△5五角の筋が残る。そこで谷川は▲2七飛と、あえて不安定な位置に引いた。阿部は「前例にない手」と話す。

09191082017_p060_03

 

△4四角は次に△2六歩▲2八飛△7七角成▲同金△2七銀の強襲を狙っている。▲3七角はその筋を消しつつ、△7五銀を牽制(けんせい)した手だ。対して△4五桂がひと目の攻め。しかし▲1五角(王手)の切り返しがあってうまくいかない。阿部は△4一玉(3図)と力をためた。

09191082017_p060_04

 

カウンター

 

両者は2年前のNHK杯で対戦経験があり、阿部が横歩取りで攻め勝っている。谷川はその敗戦を生かし「今回は主導権を握りたい」とインタビューで語ったが、本局も受け身を強いられている。▲4六歩は△4五桂を防ぐ苦肉の受け。阿部は早指し戦らしく、勢いを重視して攻め続けた。△8五飛は次に△7五銀とぶつける意味。阿部の指し回しは好調に見えた。

 

しかし、身軽にのぞいた谷川の▲2六角(4図)が狙い澄ましたカウンターだった。思わず阿部の手が止まった。

09191082017_p060_05

 

※投了までの記譜と観戦記はテキストに掲載しています。

 

■『NHK将棋講座』2017年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000056852017_01_136

おんな城主 直虎 四

2017年09月29日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000056912017_01_136

NHK連続テレビ小説 わろてんか 上

2017年09月29日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000817222017_01_136

西郷どんとよばれた男

2017年08月29日発売

定価 1188円 (本体1100円)