趣味

すべての野菜に共通!「よい苗」の条件とは


2017.08.29

イラスト:ニシワキタダシ

きちんと管理され、大切に育てられてきた「よい苗」は、どんな種類の野菜でも6つの条件を満たしています。恵泉女学園大学人間科学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに解説してもらいました。

 

*  *  *

 

野菜作りでは「苗半作(なえはんさく)」といわれます。よい苗を選んで植えれば、半分は成功したようなものだ、という意味です。では、よい苗とは、どんな苗なのでしょう。

 

1 双葉が2枚とも残っている

双葉には、初期の生育に必要な栄養分が蓄えられています。双葉が2枚とも残っていると、植えつけ後も順調に育ちます。

 

2 根がポリポットの底から少し見えている

根が張り、植えつけ適期の大きさになっている証拠です。ただし、底穴から根がたくさん出ているのは老化苗。植えると根づくのに時間がかかり、地上部の生育が遅れます。

 

3 ヒョロヒョロしていない

茎や葉がヒョロヒョロの苗は、日当たりが不十分な環境下で育てられた可能性が。植えつけ後の生育も悪くなります。葉と葉の間隔が狭く、ガッチリとした苗を選びましょう。

 

4 下のほうの葉が枯れていない

株の下のほうの葉が黄色く枯れているのは、株が老化しているため。植えつけ適期の状態を過ぎており、植えると2と同じ現象が起こります。

 

5 葉の色が濃い

老化しておらず、肥料切れも起こしていない証しです。植えつけ後は順調に育つでしょう。

 

6 病害虫の被害がない

苗は、人に例えると乳幼児。まだ体力のない苗の時点で病気や害虫に侵されていると、手の施しようがなく、植えつけても元気に育たない可能性が高くなります。

 

さらに、野菜には種類ごとに、植えつけに適した苗の大きさがあります。大きすぎても小さすぎても植えつけ後の生育が悪くなるため、その野菜に適切なサイズの苗を選びましょう。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2017年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000056852017_01_136

おんな城主 直虎 四

2017年09月29日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000817222017_01_136

西郷どんとよばれた男

2017年08月29日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000000056872017_01_136

NHK連続テレビ小説 ひよっこ 下

2017年09月11日発売

定価 1404円 (本体1300円)