趣味

山野草初心者にぴったりなオダマキの魅力


2017.03.18

高山の岩場や礫原、草原に生えるミヤマオダマキ。オダマキの起源種。花色は青紫、白、桃色、八重咲きや覆輪、小型タイプも。写真は八重咲き。高山植物タイプのなかでは育てやすく初心者向き。撮影:福田 稔

『NHK趣味の園芸』2017年3月号は、山野草の大特集です。中でも、「山野草初心者にぴったり」と、園芸家の辻 幸治(つじ・こうじ)さんが太鼓判を押すのがオダマキ。オダマキの魅力はなんといっても、独特の形をした美しい花と種類の豊富さにあります。初心者は丈夫で育てやすい種類を選んで、タネまきや育苗などの、山野草ならではの楽しみも体験してみましょう。

 

*  *  *

 

華やかな花を愛でながら山野草の栽培をマスターしよう

 

オダマキの仲間には、日本のオダマキと海外のオダマキを合わせて、世界に約70種類あり、最近は海外のオダマキの流通量がふえています。

 

花は、花弁と同じように色づいた外側の萼片(がくへん)と、後ろに突き出した距(きょ)という器官がある花弁からなり、この花のつくりが豊かなバリエーションをもたらしています。花色も多彩で、花弁と萼片が異なる複色も多く、たいへん華やかです。

 

ボタンの葉を小さくしたような葉は鮮やかな緑色で、白粉を帯びたり、黄色や白の斑入り、黄金葉の栽培品種もあり、花がない時期も美しく景観をつくり上げます。

 

このようにオダマキは、観賞価値の高い、手塩にかけて愛でる価値のある山野草です。原産地が寒冷地に偏っているため、寒冷地のほうが育てやすいですが、環境によく慣れるので、温暖な地域でもコツをつかめば育て上げることができます。

 

丈夫な種類を選べば、初心者でも苗の植えつけから日ごろの管理、タネとり、タネまき、ポット上げ、鉢上げと、山野草栽培の基本をひと通り体験でき、腕を磨くための教材としてもおすすめです。

 

■『NHK趣味の園芸』2017年3月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000056852017_01_136

おんな城主 直虎 四

2017年09月29日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000817222017_01_136

西郷どんとよばれた男

2017年08月29日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000000056872017_01_136

NHK連続テレビ小説 ひよっこ 下

2017年09月11日発売

定価 1404円 (本体1300円)