趣味

菜園シーズン突入前に……基本の土作り


2017.02.23

土を手にとってギュッと握り、指で押すとくずれる。よい土の証拠。撮影:丸山 滋

本格的な菜園シーズンの前にやっておきたい、基本の土作りを紹介します。野菜に悪影響を及ぼす病害虫を減らしたり、水はけを改善したりすることで、野菜の生育が格段によくなります。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

一から菜園にする場合

 

庭や空き地の土は硬く締まっていて、そのままでは野菜作りには適しません。野菜が育つ土に作り替えましょう。

 

雑草や小石などを取り除き、表面にコケが生えていたら削り取ります。そのあと、スコップやクワで深さ30cmのところまで掘り起こし、植物の根などをていねいに取り除きます。土の塊を砕いたら、後述のように水はけをチェックしましょう。

 

あとは通常どおり、タネまき・植えつけの前に石灰、堆肥(たいひ)、化成肥料をまくだけ。

 

前作がわからない場合

貸し農園など、前に何を育てていたかわからない菜園でおすすめの土作りです。利用するのは石灰チッ素。センチュウ類や一年草の雑草のタネ、根こぶ病の病原菌などの駆除に効果があります。農薬としての効果を示したあとは成分が分解され、最終的には石灰分とチッ素分が残ります。

 

方法は簡単で、30g/平方メートルを区画全体に散布し、よく耕すだけ。春〜秋は2〜3週間、冬は1か月たってから栽培を始めましょう。

 

土の水はけをチェックしよう

 

野菜作りに大切なのが、水はけも水もちもよく、通気性があり、肥料分を蓄える力があるフカフカの土。栽培を始める前に土の状態をチェックして、悪い場合には改善しましょう。

 

雨上がりの晴れた日に、適度に湿った土を握ってみましょう。フカフカのよい土は、手で握ると塊ができますが、指で押すとホロリとくずれます。一方、水もちの悪い土は握っても塊ができず、水はけの悪い土は指で押しても塊がくずれません。適切な土壌改良用資材を投入してから、通常の土作りを始めます。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2017年2月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000395852017_01_136

NHK出版 DVD+BOOK 瀬戸内寂聴 いのちよみがえるとき

2017年03月25日発売

定価 3996円 (本体3700円)

000000395862017_01_136

NHK出版 DVD+BOOK 生誕80周年記念 永遠の美空ひばり

2017年03月29日発売

定価 45360円 (本体42000円)

000061992462017_01_136

NHK趣味の園芸 花をいっぱい咲かせるテクニック 人気のバラ シュラブローズ

2017年03月29日発売

定価 1080円 (本体1000円)