趣味

女流棋士受難のシリーズ? タイトルホルダー同士の戦い


2017.02.11

左/謝 依旻女流名人、右/張 栩NHK杯 撮影:小松士郎

第64回NHK杯2回戦 第13局(2016年10月30日放送)は謝 依旻(しぇい・いみん)女流名人と張 栩(ちょう・う)NHK杯というタイトルホルダー同士の戦いとなった。松浦孝仁さんの観戦記から、序盤の展開を紹介する。

 

*  *  *

 

全く、腹が立ってしようがない。今回のNHK杯戦には女流棋士が4名出場し、1回戦では3名が男性棋士を打ち破った。これはもう珍しくも何ともない。そして2回戦。藤沢里菜三段は山下敬吾九段に、鈴木歩七段は余正麒七段にそれぞれ討ち取られた。そして本局だ。女流陣最後の砦(とりで)の謝依旻女流本因坊(対局時は女流本因坊のため、本文は女流本因坊で表記)の相手は張栩NHK杯(肩書は2016年10月20日現在)。

 

張と山下はともに一時代を築き、今でも打倒井山裕太棋聖を期待されているベテランだ。余は秋の王座戦で初の番碁出場を果たした21歳の昇り竜。よくもまあ、こんな難敵と組み合わせてくれたものだ!

 

しかし、藤沢も鈴木も謝もそんなふうに思っているようなら、そもそもNHK杯戦に名を連ねることはなかっただろう。それに、よくよく考えればNHK杯戦に出てくる棋士で楽に勝てる相手なんているはずもない。しかし、やっぱり謝には勝ち残ってほしいなあ。

09189012017_p064_01

 

張栩NHK杯はボルダリングに熱中しているそうな。岩などを何の道具も使わずに登っていくスポーツだ。自身の工夫によってゴールにたどりついたときが、たまらなく気持ちいいのだとか。そういえば前期NHK杯戦を制したあとに「腕立て伏せに毎晩取り組んでいます」と話していたが、このためだったのかな。

 

白4の目外しは、張の碁によく出てくる。得意の構えと言っていい。謝依旻女流本因坊は研究してきたのか、黒15までテンポよく打ち進める。黒17で素直に応じるなら1図の1だ。白は2から4と頭を出して戦いになる公算が大きい。 09189012017_p064_03

謝は黒17から21と中を手厚く構える方針を採用したが、白22に黒23と、突如左上に手を戻した。

 

「少し意外です。2図の黒1とハネるほうが大きそう。そこで白2と切れば一般的です。実戦の謝さんは左辺に厚みを蓄え、左上隅も与えない頑張った打ち方を選びました」と解説の蘇耀国九段。

09189012017_p064_02

白は24を決めたあと、白Aとハネていくのも好点。黒Bに白Cとなれば、左下の黒二子が孤立する。張は冷静に白26へ。彼らしい足早な展開だ。白30のハイも、落ち着いたものだ。

 

※投了までの記譜と観戦記はテキストに掲載しています。

 

■『NHK囲碁講座』2017年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000061992462017_01_136

NHK趣味の園芸 花をいっぱい咲かせるテクニック 人気のバラ シュラブローズ

2017年03月29日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000000395852017_01_136

NHK出版 DVD+BOOK 瀬戸内寂聴 いのちよみがえるとき

2017年03月25日発売

定価 3996円 (本体3700円)

000000395862017_01_136

NHK出版 DVD+BOOK 生誕80周年記念 永遠の美空ひばり

2017年03月29日発売

定価 45360円 (本体42000円)