趣味

今、クリスマスローズを始めたい3つの理由


2017.01.12

ダブル・イエロー・ピコティーは女性に人気のオールドローズの咲き方に似た印象的な多弁花。新しいクリスマスローズの咲き方を暗示する。撮影:加藤宣幸

冬の庭に可憐な花を咲かせるクリスマスローズ。予備知識なしでも育てられるといったら驚きますか? でも本当なんです! ビギナーさんに教えることを得意とする園芸研究家の本家幸大さんに、今、クリスマスローズ栽培を始めたい3つの理由を聞きました。

 

*  *  *

 

冬でも楽しめる花だから

 

クリスマスローズは冬から早春に咲く花です。

 

園芸店では開花鉢(花の咲いた状態の鉢植えのこと)が、今の時期に多く出回っています。暗くなりがちな冬の庭やベランダを、華やかにしてくれること請け合いです。

 

意外に頑丈だから

 

冬の花なので夏場に枯らしてしまうのでは、という心配はあるかと思います。でも少しの気遣いだけで、また来年の開花も楽しめます。そう、クリスマスローズは、おしとやかな姿のわりに、意外に丈夫なのです。

 

好きな花のタイプを選べるから

 

ブームになって10年以上がたちました。そのため扱う園芸店も多く、値段も手ごろな価格帯に落ち着いています。

 

また、クリスマスローズは鉢ごとに微妙に色や形が違い「世界に一つしかない花が咲く」ともいわれています。各園芸店も冬シーズンの目玉として、豊富なバリエーションをそろえています。

 

つまり、自分の好みに合った一鉢を探せる、買える、という魅力があるのです。

 

■『NHK趣味の園芸』2017年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000056852017_01_136

おんな城主 直虎 四

2017年09月29日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000817222017_01_136

西郷どんとよばれた男

2017年08月29日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000000056872017_01_136

NHK連続テレビ小説 ひよっこ 下

2017年09月11日発売

定価 1404円 (本体1300円)