趣味

ベランダ菜園でエダマメ栽培


2016.06.22

6月にタネまきをすれば、8〜9月頃に収穫できます。イラスト:阿部真由美

とれたてのエダマメは格別だからぜひ味わってみて! 今回はプランターでもたっぷり収穫できる目からウロコのエダマメ栽培法を、園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんが紹介します。

 

*  *  *

 

ベランダ菜園でも、家族みんなが満足できる量のエダマメを収穫!

 

通常、エダマメをベランダなどで栽培すると、屋根などに遮られて日照が足りないため、光を求めて高く茎を伸ばし、茎が細く間のびして、葉も大きくなります。こうなると場所をとり、風などで倒れてしまうことも。

 

そこで、省スペースで、たっぷりの収穫をのぞめる、ちょっと驚きの栽培法をご紹介します。

 

1.主枝(しゅし)を摘心(てきしん/茎の先端を切る)し、わき芽(め)を伸ばして側枝(そくし/茎)2本にする

 

茎が2本になるので、1株につき実つきは2倍。さらに、2本の茎で支え合うので倒伏が防げます。

 

マメ科では、双葉(ふたば)の次に初生葉(しょせいよう)が出て、その次に本葉(ほんば)が出ます。この初生葉を摘心します。初生葉を切ることで、草丈(くさたけ)がまだ低いうちに本葉が出て、花芽(はなめ)がつくのも早まるので、草丈もコンパクトになります。

 

2.摘心と同時に断根(だんこん/根を切る)する

 

勢いのある強い根を出させて、水分や養分を吸収する力もアップします。

 

いつもと違うやり方に不安を感じる人も、普通の栽培と並行して、挑戦してみてください。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2016年6月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992812019_01_136

NHKすてきにハンドメイドセレクション すっきり見えて心地よい チュニック&パンツ

2019年05月21日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000162672019_01_136

サラリーマン川柳 くらだし傑作選

2019年05月28日発売

定価 1026円 (本体950円)

000000057012019_01_136

NHK連続テレビ小説 なつぞら 上

2019年03月25日発売

定価 1512円 (本体1400円)