趣味

作りやすく、収穫量も多い! サツマイモ栽培のポイント


2016.06.13

撮影:阪口 克

サツマイモは、菜園の優等生です。手をかけずにどっさりとれて、しかもおいしい。秋の収穫祭の、まさに主役です。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんにサツマイモ栽培のポイントを教えてもらいました。

 

*  *  *

 

栽培期間は長いが、手がかからない

 

サツマイモの魅力は、強健な性質と作りやすさ、収穫量の多さにあります。特長は、[1]連作障害(れんさくしょうがい)が起きにくい、[2]土質を選ばず栽培できる、[3]少ない肥料で育つ、[4]暑さと乾燥に強く、生育が旺盛、[5]致命的な病害虫の被害が少ない、[6]植えつけ後はほとんど手がかからない、[7]単位面積当たりの収穫量は作物のなかではトップクラスで、コメより多い、[8]各種のビタミンとミネラルが多く低カロリー、などさまざま。まさに家庭菜園向きの野菜なのです。一方、熱帯原産で寒さにやや弱い、過湿が苦手、つるが繁茂する、などがウイークポイントですが、それぞれ対応策があるので大丈夫。

 

植えつけ適期は、今。秋にはホクホクのイモをどっさり収穫です

 

ゴロゴロとれるサツマイモ栽培のポイント

 

ポイント1 つるボケ予防のため、化成肥料は控えめに

 

吸肥力(きゅうひりょく)が強く、少ない肥料でよく育つ。チッ素肥料が多いと、つるは旺盛に茂るがイモのつきが悪くなる「つるボケ」を起こすので、化成肥料(N-P-K=8-8-8)の分量は一般的な野菜の1/3〜1/4に抑え、草木灰(そうもくばい)でカリ分を補う。

 

ポイント2 水はけが大事 30cmの高畝(たかうね)に

 

乾燥に強く、水はけのよい土を好む。有名な産地に火山灰土や砂地が多いのは、このため。一般的な畑では、高さ30cmの高畝を作ってさし苗を植える。高畝は通気性がよく、収穫量もアップする。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2016年6月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000000162602018_01_136

NHK囲碁シリーズ 目指せ中級 序盤の基礎力アップ

2018年07月14日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000056972018_01_136

ルーム・オブ・ワンダー

2018年08月25日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992692018_01_136

そのまま切って使える型紙BOOKシリーズ こうの早苗の ワンピース

2018年09月18日発売

定価 864円 (本体800円)