趣味

将棋棋士、競艇場に出没中


2016.05.18

観戦記者で指導棋士の後藤元気さんが、神南の放送センターや千駄ヶ谷の将棋会館など渋谷界隈をうろつく棋士や関係者のエピソードなどを綴る連載「渋谷系日誌」。今月号は競艇の話題が続きました。

 

*  *  *

 

【某日某所】

 

先日、競艇好きで将棋ファンの知人から「平和島競艇場の食堂で、屋敷伸之九段を見かけまして」というタレコミ情報がありました。

 

屋敷さんは2013年から日本モーターボート選手会の外務理事を務め、将棋とボートをつなぐ活動をされています。平和島は屋敷さんのホームグラウンドです。

 

その知人はできることなら声をかけたいと思い、ちらりと横目で確認すると、テーブルの上には小さめのご飯とおかずが一品だけ。屋敷さんはひとり手を合わせて「いただきます」と一礼。

 

誰が見ているわけでもないので(実際は知人が見ていたけれど)、きっと習慣なのでしょう。すてきですね。昼からビールをキメていた知人は、恐れ多くて声をかけることができなかったとか。

 

【某日某所】

 

ある天気のよい日に渡辺明竜王と多摩川競艇に行ってきました。渡辺さんの本業(?)は競馬ですが、競艇もお好きなようで、誘われるとホイホイやってきます。

 

とはいえ好きと上手は別のもの。朝からひとつも舟券が当たらず、昼過ぎには早々に戦意喪失。景気づけに買ったビールを半分くらい残したまま寝息を立てています。ここの指定席は前面が大きなガラス張りで、水面から照り返す日射しもポカポカと気持ちいいんです。しばらくそうしていたら、後方からオジサマがやってきて「もしかして、将棋の渡辺竜王ですか?」。

 

遠慮気味だったのは、声をかけてよいのか迷ったからでしょう。そして、エイヤッと来ることができたのは、飲みさしのビールが置いてあったからに違いありません。渡辺さんはバッと顔をあげ、にこやかに「はい、ありがとうございます」とぺこり。ていねいにサインまで応じるあたり、さすが棋界の顔です。舟券は最後まで不発でしたが、つかの間の息抜きとしては悪くない一日だったんじゃないでしょうか。

 

■『NHK将棋講座』連載「渋谷系日誌」2016年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000000162602018_01_136

NHK囲碁シリーズ 目指せ中級 序盤の基礎力アップ

2018年07月14日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000056972018_01_136

ルーム・オブ・ワンダー

2018年08月25日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000162612018_01_136

NHK俳句 夏井いつきの季語道場

2018年09月20日発売

定価 1512円 (本体1400円)