趣味

藤原直哉七段、自戦記で振り返る行方尚史八段とのNHK杯


2016.01.20

左/行方尚史八段、右/藤原直哉七段 撮影:河井邦彦

第65回NHK杯2回戦・第13局は行方尚史(なめかた・ひさし)八段(先手)と、藤原直哉(ふじわら・なおや)七段(後手)が激突した。藤原七段の自戦記から、序盤の展開を紹介する。

 

*  *  *

09191012016_p080_01

 チャンス

NHK杯戦前年度準優勝。春には名人位に挑戦。行方尚史「名人」と指せないのは残念だが、トップクラスと対局できるのは棋士冥利(みょうり)につきる。

 

五月に50歳になった。

 

トーナメント表を見ても、僕より年上の人が残っていない。若手が勉強熱心で強いのは分かるが、あまりにも寂しい。

 

ここは三流の、いや五流棋士の僕が勝って男を上げる大きなチャンスだ。ステキと言われて女性ファンができるかもしれない。公式戦四連敗中だったが、そろそろ勝てるころだ。

09191012016_p080_02

向かい飛車

 

チャレンジしたい気持ちが高まって、向かい飛車から△1三桂(2図)と積極的な動きをみせた。気分は升田幸三である。行方さんは時間を使いだした。作戦成功を感じる。▲8八銀から手堅く指してくる。

 

ただ▲5七銀は疑問手で、▲6八角から▲3七桂と指せば、僕の作戦は空振りだったのかもしれない。

 

解説で兄デシの井上慶太九段からは、局後の感想戦で「△1三桂は、はやらない作戦」と厳しいお言葉があった。

09191012016_p080_03

粘りの男

 

行方さんの強さは東北人らしい粘り強さと、終盤の切れ味だと思う。それとアルコールも強いらしい。

 

その行方さんは▲6八銀以下四枚穴熊に囲う。しかし局後駒が偏りすぎと語る。

 

僕は△7三角と飛車に狙いをつけながら、押さえ込みを目指す。このあたりの気分は大山康晴である。

 

行方さんはさばきを求めて、▲4六歩以下局面をほぐしにかかる。

 

△3五歩(4図)。振り飛車らしさはでていると思った。

09191012016_p080_04

※投了までの記譜と観戦記はテキストに掲載しています。

 

■『NHK将棋講座』連載「棋戦プレイバック」2016年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000000162602018_01_136

NHK囲碁シリーズ 目指せ中級 序盤の基礎力アップ

2018年07月14日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000056972018_01_136

ルーム・オブ・ワンダー

2018年08月25日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992692018_01_136

そのまま切って使える型紙BOOKシリーズ こうの早苗の ワンピース

2018年09月18日発売

定価 864円 (本体800円)