趣味

100さやをめざそう! プランターでソラマメ栽培


2015.11.20

イラスト:阿部真由美

とれたてのソラマメの甘さと香り、ホクホク、ねっとりとした食感は、一度食べたら忘れられない味。そんな甘くておいしい自家製ソラマメをお腹いっぱい食べたい! という人のために、プランターでどっさり100さや収穫をめざすテクニックを、園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんが紹介します。

 

*  *  *

 

寒さが本格化する前に本葉2〜3枚で植えつける

 

ソラマメは秋にタネをまき、本葉(ほんば)2〜3枚でプランターに植えつけて、そのまま冬を越します。冬の間、地上部はほとんど生育しませんが、土の中では根が少しずつ伸びています。早春にウメの花が咲き始めると一気に生育を始め、草丈(くさたけ)をグングン伸ばします。春には白い花が咲き、花後に少しずつさやがふくらんで、初夏に大きく太った豆をさやごと収穫します。

 

初夏のどっさり収穫を夢見て、まずは秋のタネまきからスタートです。ソラマメはタネが大きいので、タネまき自体は簡単。重要なのはタイミングです。タネまきが遅れて苗が十分成長しないまま冬を迎えると、寒さで枯れてしまうこともあります。品種によって早生(わせ)、中生(なかて)、晩生(おくて)があるので、地域や時期に適したものを選びましょう。

 

タネまきが遅れてしまった場合は、ポット苗を購入して、植えつけからスタートすれば追いつけます。

 

100さやをめざそう! プランターでどっさり収穫するコツ

 

1 大型プランターに3株植える

 

2 整枝(せいし)をして養分の分散を防ぐ

 

3 肥料と水をきらさない

 

4 摘心(てきしん)で豆を充実させる

 

5 防虫テープでアブラムシの飛来を防ぐ

 

※タネマキから収穫までの詳しい手順はテキストに掲載しています。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2015年11月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000064072492019_01_136

韓国ドラマ「100日の郎君様」公式ガイドブック

2019年07月17日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000057062019_01_136

クジラアタマの王様

2019年07月09日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992842019_01_136

NHK趣味の園芸 多肉植物 パーフェクトブック

2019年06月25日発売

定価 1512円 (本体1400円)