趣味

観葉植物はどう選ぶべき? 覚えておきたい4つのポイント


2015.10.24

比較的大きくなりにくく、育てやすい品種として白田さんがオススメするモンテスラ・デリシオサ・コンパクタ 撮影:田中雅也

観葉植物はその名のとおり、葉を眺めて楽しむ植物。室内でも育てられる比較的丈夫なものが多いので、園芸ビギナーにはおすすめです。東京・渋谷にボタニカルショップ「NEO GREEN」をかまえる白田仁(しらた・ひとし)さんに、観葉植物を買うときのポイントや、育てるコツを教えてもらいました。

 

*  *  *

 

買うときのポイント

 

◎好みの大きさ、形のものを探そう

 

大きく育つ植物でも、鉢のサイズや仕立て方によって樹高(または草丈)や葉の大きさ、茎の太さなどが変わってきます。欲しい大きさの植物を探すのではなく、好きな植物で、好みの大きさに仕立てられているものを選ぶとよいでしょう。

 

◎置き場と大きさを決めておこう

 

園芸店で見たときは小さいと思ったのに、家に置いてみたら大きかった、というのはよくあることです。置きたい場所、サイズを決めておきましょう。

 

◎葉、茎などの状態をチェック

 

枯れた葉がないか、葉色がきれいで元気があるか、葉や枝などに害虫がついていないか、株の状態もチェックしましょう。

 

◎植物の名前はメモしておこう

 

同じ種でも、品種は細かく分かれています。正確な品種名をメモしておくと、育て方などを調べるときの参考になります。

 

気根は切ってもOK

 

気根(きこん)とは、茎の上部から出て空気中に伸びる根で、ほかのものに付着して体を支えるとともに、養分や水分を吸収します。気根がたくさん出ると葉が大きくなる傾向があります。気根は形も愛らしく、眺めるには面白いのですが、株をあまり大きくしたくない場合は切ってもかまいません。気根は、ゴムノキの仲間にも多く見られます。

 

枝や葉を水ざしで飾るのも楽しい

 

伸びすぎた枝や葉を剪定したら、ガラスの器などに入れて水ざしにしましょう。切り花感覚で眺めるだけなら、光が足りなくて鉢を置くのには向かない玄関や洗面所、北向きのキッチンでもグリーンが楽しめます。光がよく当たれば発根するものもあるので、土に植えてふやしてもいいでしょう。

 

■『NHK趣味の園芸ビギナーズ』2015年10〜12月より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000395862017_01_136

NHK出版 DVD+BOOK 生誕80周年記念 永遠の美空ひばり

2017年03月29日発売

定価 45360円 (本体42000円)

000061992462017_01_136

NHK趣味の園芸 花をいっぱい咲かせるテクニック 人気のバラ シュラブローズ

2017年03月29日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000000395852017_01_136

NHK出版 DVD+BOOK 瀬戸内寂聴 いのちよみがえるとき

2017年03月25日発売

定価 3996円 (本体3700円)