趣味

江戸時代の上級武士を救ったたくあん漬け


2015.09.30

江戸時代、江戸に住む上級武士や裕福な商人たちは、副菜をあまりとらず、白米ばかりを食べていたため、ビタミンB1不足から脚気(かっけ)になる人が多くいました。原因のわからないこの病状は「江戸患い」「江戸病み」と言われ、恐れられていたそうです。

 

そんな状況を救ったのが、なんとたくあん漬け。ビタミンB1を多く含むぬかを使い、発酵させたたくあん漬けは、白米にとってすぐれた栄養補助食品だったのです。

 

白米に添えるたくあんは2切れと相場が決まっていました。1切れは「人斬れ」に、3切れは「身斬れ」に通じるとして、武士に嫌がられたからだと言われています。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2015年9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000402912020_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ (14)カキ

2020年10月17日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000312162020_01_136

マルティナさんの カラフル糸で編むレッグウエア

2020年10月24日発売

定価 1870円 (本体1700円)

000000057102020_01_136

NHK連続テレビ小説 エール(下)

2020年10月30日発売

定価 1540円 (本体1400円)