趣味

ダイコンが叉根になるのはなぜ? 原因と対策


2015.09.24

 

ダイコンを掘り出してみると、枝分かれしておもしろい形になっていた……ダイコンを育てたことのある方なら、一度はこんな経験があるのでは? その原因は一体何なのでしょうか。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田智(ふじた・さとし)さんに聞きました。

 

*  *  *

 

ダイコンは、根が肥料や土の塊、石などの異物に当たると、途中で枝分かれして叉根になることがある。叉根を防ぐには、ていねいに耕すことが大事。ダイコン作りにおいては、何度も耕してフカフカの土を作る「大根十耕(だいこんじっこう)」のほかに、深く念入りに耕す「深耕精耕(しんこうせいこう」という格言があり、どちらも耕作の重要性を示している。土作りの際は、深さ30cmを目安に、堆肥や肥料の粒が見えなくなるまで土に混ぜ込む。土の塊を砕き、小石などがあれば取り除いて、やわらかい土を作ることがポイント。すらりと伸びた白い根がダイコンの持ち味。ていねいな作業でまっすぐな根を作ろう。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2015年9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

NHK連続テレビ小説 わろてんか 上

2017年09月25日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000000817222017_01_136

西郷どんとよばれた男

2017年08月29日発売

定価 1188円 (本体1100円)