趣味

意外と手間いらず! ラッキョウとニンニクを育ててみよう


2015.09.22

撮影:成清徹也

秋から翌春にかけて、じっくりと栽培するラッキョウとニンニク。意外と手間がかからず場所をとらないので、畑の隅でも栽培できます。とれたては香りがよく、鮮度が高いうちに漬け込めば、おいしさもひとしお。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田智(ふじた・さとし)さんに、育て方のポイントを教えてもらいました。

 

*  *  *

 

独特の香りと辛みが持ち味のラッキョウとニンニク。ネギの仲間の中でも、ビタミンB1の吸収を助けるアリシンと呼ばれる成分を多く含み、疲労回復や体力増進にも効果があると言われます。

 

どちらも収穫までの栽培期間が約10か月間と長くかかりますが、病害虫に強く、手間がかからないので、ビギナーでも気軽にチャレンジできます。

 

栽培は、タネラッキョウ、タネニンニクなどと呼ばれる球根からスタート。寒さに強い草丈(くさたけ)10〜20cmの小さな株で冬を越し、翌年の3月ごろから球根の周りに新しい鱗茎(りんけい)ができ始めるので、タイミングよく追肥(ついひ)をして、成長を促すことがポイントです。

 

収穫は6月ごろから。葉が黄色く枯れてきたら抜き取って収穫します。そのまま調理して使うほか、とれたてを漬物にすれば長期保存も可能。鮮度の高いフレッシュなものを漬物にできるのは、家庭菜園ならではの楽しみです。ぜひ試してみましょう。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2015年9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000069235922020_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 エール Part2

2020年09月29日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000064072622020_01_136

NHK出版 学びのきほん 落語はこころの処方箋

2020年09月25日発売

定価 737円 (本体670円)

000000402902020_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ (13)イチゴ

2020年09月17日発売

定価 1320円 (本体1200円)