趣味

秋の美しい姿のために──四季咲きバラは切り戻しをしよう


2015.09.17

プリンセス・ドゥ・モナコ。撮影:今井秀治

四季咲きのバラはこの時期に切り戻し(夏剪定)を行うと、10月ごろから、美しい花が一斉にまとまった姿で楽しめます。夜の気温が下がり、寝苦しさがやわらいできたら切りどき! 美しく咲く姿を思い描きながら、切り戻しましょう。バラ栽培家の小山内 健(おさない・けん)さんに、切り戻しのポイントをうかがいました。

 

*  *  *

 

秋に美しく咲かせる

 

夏の暑さがやわらいでくる9月。バラは株に勢いが戻り、新芽が伸び始めます。特に10月ごろから咲きだす花は美しく、楽しむためには、9月上〜中旬に枝を切り戻すことがポイントです。

 

四季咲き性のバラは、剪定をしなくても秋にも咲きます。でも、そのままでは、9月のまだ暑い時期に咲いて、花の美しさが半減してしまったり、株全体にまとまりなく咲いてしまうこともしばしば。

 

秋のバラはとりわけ花色が深く、グラマラスに咲きます。この切り戻しで開花の時期をそろえ、株をコンパクトに整えておけば、秋から、見栄えよく咲くとても美しいバラを楽しむことができるのです。開花を楽しみに、思い切って切り戻しましょう。

 

健康を保つためにも

 

夏の切り戻しの目的は、見た目のメリットだけではありません。

 

混み合っている枝や枯れた枝、調子の悪い枝などを剪定することで、株の中まで日当たりや風通しがよくなり、病害虫の発生を防ぐ効果も期待できます。また、切ることが刺激となり、株全体が元気になります。

 

バラを健康に保つためにも、適切な時期に剪定を行いましょう。

 

※詳しい手順はテキストに掲載しています。

 

■『NHK趣味の園芸』2015年9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000057012019_01_136

NHK連続テレビ小説 なつぞら 上

2019年03月25日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000069235872019_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 なつぞら Part1

2019年03月25日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992772019_01_136

NHK趣味の園芸 やさいの時間 藤田 智の 新・野菜づくり大全

2019年02月21日発売

定価 2376円 (本体2200円)