趣味

声優として大切なのは「人柄」と「礼儀」


2015.09.22

大きくはっきりとした声であいさつされると、相手も好印象。校舎内では元気なあいさつが飛び交う。イラスト:坂木浩子

アニメーションを大好きな人でも、実は知っているようで知らないのが、声優という仕事。そこで、多くの人気声優を輩出してきた「代々木アニメーション学院」で実際に行われている授業を取材。声優としての基本とマナーを教えてもらいました。

 

*  *  *

 

声優としてまず大事なのは周りから信頼される人柄

 

大勢の共演者やスタッフと力を合わせて一つの作品を作るのが声優という仕事。長年、現役として最前線で活躍し続けるためには、声優としての能力の高さや魅力以上に、「この人と一緒に仕事をしたい」と思われるような人柄のよさが非常に大切になってきます。そこで、基本中の基本として、まず大事になるのが、あいさつや礼儀に関する常識など、社会人として必要なマナー。学生たちは、教室内だけに限らず、教わったマナーを常に意識して行動します。

 

また、礼儀やあいさつなど、あらゆる社会人に共通するマナーだけではなく、声優業界ならではのマナーも存在。スタジオでは、高性能なマイクで音を録音するため、声以外の音が鳴ったらNG。そのため、プロの声優はアクセサリーなども、基本的に外してから収録に臨みます。また、きぬずれの音がしやすい服も、着ないように気をつけるそうです。

 

■『NHK趣味どきっ!一声入魂!アニメ声優塾』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000056852017_01_136

おんな城主 直虎 四

2017年09月29日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000056912017_01_136

NHK連続テレビ小説 わろてんか 上

2017年09月29日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000817222017_01_136

西郷どんとよばれた男

2017年08月29日発売

定価 1188円 (本体1100円)