趣味

古い土を使い回しても大丈夫?


2015.08.31

実験スタート時の株。

植物を処分したあとの鉢の土、もったいない気がしますよね。次の植物を育てるときに使い回すとどうなるのか、実験してみました。ご協力いただいたのは、千葉大学環境健康フィールド科学センターの渡辺均(わたなべ・ひとし)先生です。

 

A 新しい土で育てた鉢

04545072015_p050_01

 

しっかりと大きな株に育ちました。枝数も多く、花もたくさんついています。撮影:田中雅也

 

 

B 古い土で育てた鉢

04545072015_p050_02

 

葉や茎の色がかなり薄く、枝も細くなっています。花はついていますが、株に勢いがありません。

 

 

古い土と新しい土はどう違う?

04545072015_p050_03

写真は同じ種類の培養土ですが、古い土は粒が小さくなり、みじん(直径1mm以下の土)状態。根が伸びにくいうえに、水や空気の通りも悪くて鉢土が過湿になりやすく、根が傷んだりすることもあります。また、枯れた根や葉が混ざっていて、病害虫の原因になることもあります。

 

 

■『NHK趣味の園芸ビギナーズ』7月〜9月より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000113542017_01_136

ミニマリストの持ちもの帖

2017年07月12日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000162532017_01_136

名句徹底鑑賞ドリル

2017年07月27日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000069235802017_01_136

連続テレビ小説 ひよっこ Part2

2017年07月31日発売

定価 1188円 (本体1100円)