趣味

実験してみました! 花がらを摘まないとどうなるの?


2015.08.20

花がら摘みは、がくを含めた花全体を摘むことが大切です。

「花がら」は、咲き終えた花のこと。それを摘み取るのが「花がら摘み」です。けれど、せっかく咲いた花は長く眺めていたいものだし、咲くたびに摘むのは少し面倒ですよね。必要な作業なのか、するとしないのではどう違うのか、千葉大学環境健康フィールド科学センターの渡辺均(わたなべ・ひとし)先生にご協力いただき実験してみました。

 

A 花がら摘みをした鉢

 

04545072015_p022_01

花が終わるたびに摘んでいたので、次の花、次の花へと栄養がいき、たくさん花とつぼみがつきました。株も大きく育っています。撮影:田中雅也

 

B 花がら摘みをしなかった鉢

04545072015_p022_02

花が咲いたあと、タネをつくるために栄養を使ってしまったため、花数、つぼみの数はあまりふえませんでした。

 

■『NHK趣味の園芸ビギナーズ』7月〜9月より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000057062019_01_136

クジラアタマの王様

2019年07月09日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992842019_01_136

NHK趣味の園芸 多肉植物 パーフェクトブック

2019年06月25日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000061992812019_01_136

NHKすてきにハンドメイドセレクション すっきり見えて心地よい チュニック&パンツ

2019年05月21日発売

定価 1404円 (本体1300円)