趣味

西山ゆかりプロも実践する「3番ウッド」ティーアップショットドリル


2015.08.25

撮影:渡部義一/前田俊二

8月上旬に行われた「meijiカップ」で初優勝を果たした西山ゆかりプロ。芹澤信雄(せりざわ・のぶお)プロ率いる「チーム芹澤」の一員である西山プロが、芹澤プロの指導で実践しているのが「ティーアップしたボールを3番ウッドで打つドリル」です。どのような効果があるのでしょうか。

 

*  *  *

 

チーム芹澤の西山ゆかりプロがツアー転戦中も必ず実践しているのが、ティーアップしたボールを3番ウッドで打つドリル。ドライバーショットと同じようにティーアップしたボールを打つのですが、「ティーは飛ばさない(打たない)」のがポイント。簡単なようで実は難しいショットドリルです。

 

「ダウンスイングで右肩が突っ込んでしまう悪癖を矯正するために芹澤プロからこのドリルを教わり、すぐに始めました」と西山プロ。

 

ティーアップしたボールをクリーンヒットし、しかもティーを打たないためには、レベルに振るしかない。ダウンスイングで右肩が前に出たり、体がスエーしたりしたのでは、到底打てない。また、ドライバーよりもロフトの多い3番ウッドだけに、フェースが閉じたり開いたり、ヘッドをアッパーやダウンブローに振ったりしたのではフックやスライス、ダフりやトップボールなど、スイングの良否が、ショットに顕著に現れます。

 

「うまくクリーンヒットできるだろうか?」という意識も働くので、アドレスからバックスイング、トップオブスイングまでゆっくり振り上げる効果もあり、性急なスイングに陥りやすい人にも効果的です。

 

「手先ではなく、体を使ってバックスイングするようにもなり、体幹をねじっている感覚もつかめます。頭の位置がスイング軸よりも左に動かなくなる効果もあります」と西山プロは、このドリルを継続している理由を明かしてくれました。

 

■『NHK趣味どきっ! チーム芹澤に学ぶゴルフ ―90切りへの近道』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000395862017_01_136

NHK出版 DVD+BOOK 生誕80周年記念 永遠の美空ひばり

2017年03月29日発売

定価 45360円 (本体42000円)

000061992462017_01_136

NHK趣味の園芸 花をいっぱい咲かせるテクニック 人気のバラ シュラブローズ

2017年03月29日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000000395852017_01_136

NHK出版 DVD+BOOK 瀬戸内寂聴 いのちよみがえるとき

2017年03月25日発売

定価 3996円 (本体3700円)