趣味

プロゴルファーの藤田寛之「30Yのアプローチこそがスイングの原点」


2013.04.05

30Yをボディターンで。自分に心地いいスイングリズムも体得
撮影:細田榮久

スイングの原点は30Yのアプローチにあると語るプロゴルファーの藤田寛之氏。インパクトでボールをスクェアにとらえるために必要とされるボディーターンスイングについて教えてもらった。

 

*  *  *

 

パワーフェードが打てるためにはインパクトでフェースをスクェアに保つスイングが原点となります。つまり、インパクトでボールをスクェアにとらえる基本のスイングをベースにして、腰(下半身)の鋭い回転などを加えることでパワーフェードが生まれるのです。

 

そのスクェア感覚のスイングをマスターするには、サンドウエッジによる30ヤードの距離は手打ちでは飛ばせず、手と上体を一体化したボディターンのスイングでないとボールを飛ばせないからです。

 

その最少のボディターンスイングで、スクェア感覚をまず覚えるのです。軌道はインtoイン。両脇を締め、トップ、フィニッシュで体を左右対称となるように入れ替えます。そのなかで、フェースを開閉せずにスクェアを保ってボールを目標に飛ばす。パワーフェードの基本のスクェアスイングをマスターするには、この練習が最適なのです。

 

■『NHK趣味Do楽 藤田寛之シングルへの道2013年2月-3月号』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000064072492019_01_136

韓国ドラマ「100日の郎君様」公式ガイドブック

2019年07月17日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000057062019_01_136

クジラアタマの王様

2019年07月09日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992842019_01_136

NHK趣味の園芸 多肉植物 パーフェクトブック

2019年06月25日発売

定価 1512円 (本体1400円)