趣味

木谷道場の囲碁三姉妹


2015.06.22

イラスト:石井里果

『NHK 囲碁講座』の連載「二十五世本因坊治勲のちょっといい碁の話」。師匠・木谷實九段、呉清源九段の思い出から、石田章九段へのジェラシー、王立誠九段に対する恨み言まで、趙治勲(ちょう・ちくん)二十五世本因坊ならではの語り口で紡がれるエッセイは、碁界においてのみならず、広く人気を博しています。6月号ではいよいよ女流棋士が登場します。

 

*  *  *

 

連載2年目の今になって、はたと気付いたことが…。実はお母様(師匠・木谷實夫人)以外に、女性の登場が全くありませんでした。埋め合わせというわけでもないのですが、今月からは「三姉妹」のお話をしようと思います。

 

三姉妹とは、佐藤真知子二段(旧姓・井上)、石榑(いしぐれ)まき子三段(同・大代)、小川誠子六段のこと。名字がみんな違うことからも分かるように、本当の姉妹ではありません(笑)。皆さん木谷道場の通い弟子で、ぼくよりも3、4年あとに入門してきました。木谷門下生としてはぼくの後輩になりますが、歳は少し上。お姉ちゃんというふうに慕っていた記憶があります。

 

この3人、ものの見事に性格が分かれていてね。佐藤さんは下町のお姉さんといった雰囲気。漢字としては「お姐さん」のほうを使いたいイメージかな(笑)。ま、あくまでもぼくの勝手な想像ですがね。そうそう、お母さんのような温かさも伝わってきたな。とにかく気風(きっぷ)がよかった。それと髪の毛が長かったのをよく覚えています。

 

石榑さんは清楚(せいそ)な印象しか残っていません。例えるなら山口百恵さん。気品があってねえ、それに美しかった。かわいかったではなく、美しいです。当時少年のぼくがこんなふうに覚えているのですから、相当なレベルだったのは間違いない。物静かで当然のように優しくて、高貴な薫りを漂わせている人だった。なぜぼくの初恋が石榑さんじゃなかったのか、心の底から後悔したくなるほどです(笑)。

 

小川さんは何か少しでも困ったことがあると「わたし、分かんな〜い!」。これを武器としていました。いや、何もなくても「わたし、分かんな〜い!」を連発していたかな。で、当時から中年キラーでした。はっきり言いましょう。「ぶりっ子(こ)」という言葉がありますよね。昔のアイドル、今でも人気がありますが、松田聖子さんがそう呼ばれていました。「かわい子ぶる」を略したそうで、自分をかわいく見せる芸当にたけている女性を揶揄(やゆ)した言葉です。聖子ちゃんは「ぶりっ子」の元祖と言われていますが、それは正確ではありません。元祖は碁界にいたのです。まあ、どちらの「ぶりっ子」も今思えばとってもかわいいのですが、小川さん、負けていなかったと思いますよ。

 

「ぶりっ子」はいまだに健在です。最近、こんなことがありました…。あ、ここからの話は他言無用でお願いします。

 

小川さんは現在、日本棋院の理事を務めています。理事長や他の理事と力を合わせ、棋院のため碁界のため、一生懸命頑張ってくれています。ただ、理事長がどうも小川さんの「ぶりっ子」にマイッチャッタらしいのです。棋士にも職員にも人望が厚い人格者なのですが…。

 

理事長が就任した直後のことです。「あなたと小川さんに、いろいろと話を聞きたい。○月○日は空けておくように。酒はおいしいものを用意しておこう」との連絡がありました。

 

待ち合わせのお店に行くと、理事長と秘書の方(と思う)、そして小川さんがすでにいました。3人の雰囲気から、理事長がメロメロだということに気付きました。

 

理事長「チクンさん、どうですか、このお酒。なかなかいけるでしょう?」

 

ぼく「はい。おいしいです」

 

3時間くらいそのお店にはいました。その間、理事長とぼくの会話はこれだけ。あとはずっと小川さんと話してばかりでした。

 

来月も「三姉妹」のちょっといい話です。

 

■『NHK囲碁講座』2015年6月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000402902020_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ (13)イチゴ

2020年09月17日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000361392020_01_136

宇宙のがっこう

2020年07月30日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000061992932020_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK ひとりでできる!はじめてのスマホ 100の困った!解決ブック

2020年06月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)