趣味

初心者にもおすすめ! ラッカセイ栽培 2つのポイント


2015.05.30

ラッカセイは土の中に豆ができます。

ラッカセイといえば、ピーナッツでおなじみの豆です。とりたての豆は風味と甘みが抜群。「初心者でも栽培しやすく、家庭菜園でこそ作ってほしい野菜です」と話すのは恵泉女学園大学人間社会学部教授(生活園芸、野菜園芸学)の藤田智(ふじた・さとし)さん。ラッカセイを栽培する上で守るべき2つのポイントを教えてもらいました。

 

*  *  *

 

作りやすくて手がかからないラッカセイ。「花」が「落」ちて実が「生」まれるという意味で、「落花生」と書きます。

 

栽培のポイントは2つ。1つは、肥料を少なめにすること。マメ科植物は、根に寄生する根粒菌(こんりゅうきん)からチッ素分をもらえるため、少ない肥料でよく育つ性質があります。肥料が多すぎると、つるボケを起こしてさやのつきが悪くなるので、元肥(もとごえ)の化成肥料を通常の野菜の半量にします。

 

2つ目は、土をやわらかくする中耕(ちゅうこう)のタイミングを守ることです。ラッカセイは、花が咲いたあとに子房柄(しぼうへい)という細い茎のようなものが伸びて地中に潜り、その先にさやがついて豆ができるというユニークな育ち方をします。花が咲き始めたら、マルチフィルムをはがして畝(うね)の肩のあたりを中耕し、子房柄が土に潜りやすくしましょう。

 

秋に、葉が黄ばんできたら収穫適期。ラッカセイは、スーパーマーケットなどでは一般的に煎ったものが売られていますが、とれたてならではの味覚を楽しむなら、ゆでて食べるのがおすすめです。ホクホクとして、甘い豆が楽しめます。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2015年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • sokutei300

000000395842016_01_136

日めくりサラリーマン川柳 傑作選

2016年09月20日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000069235772016_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 べっぴんさん Part1

2016年09月26日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000000312042016_01_136

簡単でかわいい 風工房の身にまとうニット

2016年09月21日発売

定価 1620円 (本体1500円)