趣味

スタートから1か月で収穫できる! コマツナ&リーフレタス


2015.05.19

コマツナとリーフレタス

野菜作りの季節がやってきました! 今年の春は、コマツナとリーフレタスからスタートです。どちらも失敗が少なく、短期間で収穫の喜びが味わえるので、初心者にもおすすめです。恵泉女学園大学人間社会学部教授(生活園芸、野菜園芸学)の藤田智(ふじた・さとし)さんに、育て方のポイントをききました。

 

*  *  *

 

春の菜園を真っ先に彩るのは、タネから始めるコマツナと、苗から始めるリーフレタスです。成長が早くて栽培しやすく、スタートから約1か月で収穫できるお手軽野菜。自家製野菜のみずみずしさとおいしさを、たっぷりと味わえます。

 

スタートはタネから? 苗から?

 

栽培を始めるには、タネと苗の2通りがあります。栽培日数が短いコマツナは、タネを直接、畑にまく「直(じか)まき」をするのに向いています。ほかに、ミズナやホウレンソウなどの葉物、根を傷めると形が悪くなるダイコン、ニンジン、カブなどの根菜類(こんさいるい)も、タネからスタートするのが一般的。

 

一方、苗から始めるとよいのは、レタスやキャベツなどの大型の葉菜類(ようさいるい)と、トマトやナスなどの果菜類(かさいるい)など。コツをつかめばタネから育てることもできますが、苗作りに時間がかかるので、よい苗を購入したほうが失敗は少ないでしょう。

 

レタスは植え場所に注意

 

レタス類は、日が長くなって気温が上がるととう立ち(花芽がついて花茎〈かけい〉が伸びること)する性質があり、とう立ちすると葉がかたくなって品質も落ちます。夜間も明るい場所や玄関灯、街灯の近くで栽培すると、日が長くなったと勘違いしてとう立ちが始まることがあるので、栽培する場所を選ぶことが大切です。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2015年4月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000162762020_01_136

サラリーマン川柳 とびきり傑作選

2020年06月10日発売

定価 1045円 (本体950円)

000069233842020_01_136

NHK大河ドラマ・ガイド 麒麟がくる(後編) 

2020年05月21日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000061992922020_01_136

NHKすてきにハンドメイドセレクション 着心地かろやか 手縫いのおとな服

2020年05月21日発売

定価 1430円 (本体1300円)