趣味

“熱血親分”小松英樹九段が指南! 「盤上の価値」の見極め方


2015.04.13

撮影:小松士郎

4月からNHK Eテレ「囲碁フォーカス」の司会を務めるのは、棋士の小松英樹(こまつ・ひでき)九段と、戸島花(とじま・はな)さん。2年目となる戸島さんは、何としてでも初段になると、情熱を燃やしています。番組内の囲碁講座では、石の強弱をもとに盤上の価値を判断する方法を学びます。まずはお二人の対談をお届けしましょう。

 

*  *  *

 

昨年の4月から1年間、宮崎龍太郎七段、水間俊文七段、宋光復九段というそうそうたる講師陣に教わってきた戸島花さん。講師の皆さんが「すごく強くなった!」と口をそろえるように目覚ましい上達ぶりを見せましたが、惜しくも初段到達はなりませんでした。

 

昨年末には囲碁大使に就任し、「初段になれなかったら、NHKと日本棋院の門をくぐれません…」と背水の陣の覚悟?の戸島さん。4月から講師を務める「熱血親分」こと小松英樹九段は、「戸島さんを必ず初段にしてみせます」と自信満々の様子。

 

戸島「先生、初段になるにはどうしたらいいんでしょうか!?」

 

小松「私はこれまで、アマチュアの皆さんの碁を数多く見てきました。特に、なかなか初段になれない方の碁を見て感じたのは、基本となる常識が身に付いていない、ということですね」

 

戸島「常識ですか? あの、私、これまで定石とか、覚えることはあまりやってこなかったんですが…」

 

小松「無理に覚える必要はありません。例えば定石ですが、覚えるものではなく自然に身に付くものなのです」

 

戸島「自然に? どうやってですか?」

 

小松「これからお伝えしていく、盤上の価値の見極め方さえ身に付ければ、打つ手は自然に決まってくるのです」

 

戸島「盤上の価値の見極め方、ですか?」

 

小松「言葉を換えれば、石の強弱をきちんと判断すること、です。『生きている石の近くは価値が低い』。これだけです。逆に言うと、『弱い石の近くがいちばん価値が高い』。簡単でしょ?」

 

戸島「石の強弱判断…。これだけなら、私でもできそう…。私、接近戦が苦手なんです。この判断方法を身に付ければ、接近戦も強くなれますか?」

 

小松「もちろんです。あと、先ほど定石は覚えるものではないと言いましたが、基本的なものを、星と小目でそれぞれ10個くらいは身に付けておきましょう」

 

戸島「覚えるのは苦手です…」

 

小松「大丈夫。盤上の価値が判断できれば、すぐに身に付きます。まず最初の2か月は、定石の選び方を通じて盤上の価値の考え方を学んでいきましょう。そのあとに接近戦、そして布石でのコツもお伝えします」

 

戸島「はい! 初段になるために頑張ります。よろしくお願いします!」

これから6か月間、熱血親分の熱い言葉に耳を傾けて、戸島さんと一緒に楽しく「盤上の価値」を学んでいきましょう!

 

■『NHK囲碁講座』2015年4月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000000162602018_01_136

NHK囲碁シリーズ 目指せ中級 序盤の基礎力アップ

2018年07月14日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000056972018_01_136

ルーム・オブ・ワンダー

2018年08月25日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000162612018_01_136

NHK俳句 夏井いつきの季語道場

2018年09月20日発売

定価 1512円 (本体1400円)