趣味

鮮やかなオステオスペルマムをもっと咲かせたい!


2015.04.12

撮影:牧 稔人

春に咲く花のなかでも、特に多彩で鮮やかな花色をもつオステオスペルマム。花つきの多さも魅力の一つですが、もっと咲かせるテクニックがあるのをご存じですか? 園芸研究家の奥 隆善(おく・たかよし)さんに聞きました。

 

*  *  *

 

人気の秘密は……

 

数十年前のオステオスペルマムは、花色が紫、白、ピンクだけでした。さらに、開花は暖かい日の昼間に限られ、日が陰るとすぐに花を閉じてしまう植物でしたが、今では品種改良によって、少々天気が悪くても花を開かせる品種がふえています。また、ディモルフォセカとの交配によって、明るい黄色やオレンジ色の花色をもつ品種も登場しています。

 

花径の大きさ、花色の多さと鮮やかさが人気の秘密なのです。

 

もっと咲かせるテクニック

 

オステオスペルマムは、より分枝しやすく、かつコンパクトな株をつくるための品種改良が行われています。分枝しやすい株は、それぞれの枝の先に多くの花を咲かせます。また、コンパクトな株を目指すのは、枝が徒長して間のびした印象にならないようにするためです。

 

もっと咲かせるテクニックは、夏と秋の切り戻し、冬の摘心によって、分枝を促し、より多くの蕾をつけさせることです。

 

※テキストにはあなたにぴったりの品種の選び方、もっと咲かせるテクニックの詳しい解説を掲載しています。

 

■『NHK趣味の園芸』2015年4月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000162712019_01_136

日本歌人クラブアンソロジー 2019年版 現代万葉集

2019年11月11日発売

定価 3143円 (本体2857円)

000000162722019_01_136

NHK将棋シリーズ 深浦康市の振り飛車なんてこわくない

2019年11月14日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000361362019_01_136

へんがおたいそう

2019年10月10日発売

定価 1980円 (本体1800円)