趣味

「ネギ坊主」は実は食べられる


2013.03.12

とう立ちし、ネギ坊主ができた長ネギ

3月に入ると長ネギがとう立ちし始める。せっかく作った長ネギを最後までおいしく食べるために収穫のデッドラインを知っておきたい。恵泉女学園大学人間社会学部教授(生活園芸、野菜園芸学)の藤田智(ふじた・さとし)さんに教えていただいた。

 

*  *  *

 

とう立ちして「ネギ坊主」と呼ばれる蕾(つぼみ)ができたら、いよいよ収穫時期も終わりです。花が咲く前に全部引き抜いて、食べてしまいましょう。花が咲くと、芯がかたくなり、おいしくありません。

 

一度に食べきれない場合は、いったん引き抜いてから保存することもできます。この場合も、蕾は切り取っておきましょう。根に土をかけて乾かさないようにすれば、1か月間ほどはおいしく食べることができます。

 

ちなみに、切り取ったネギ坊主も、天ぷらなどにすればおいしく食べることができます。

 

■『NHK 趣味の園芸 やさいの時間』2013年3月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000057022019_01_136

NHK連続テレビ小説 なつぞら(下)

2019年08月29日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000162682019_01_136

NHK俳句 ひぐらし先生、俳句おしえてください。

2019年07月20日発売

定価 1404円 (本体1300円)