趣味

とうが立ったコマツナは食べられるの?


2013.03.14

春は芽が吹き、花の咲く季節。これは野菜も同様だ。収穫せずに放置していたコマツナが花を咲かせてしまった場合、このとう立ちした茎は食べられるのだろうか。恵泉女学園大学人間社会学部教授(生活園芸、野菜園芸学)の藤田智(ふじた・さとし)さんにうかがった。

 

*  *  *

 

とう立ちしたコマツナの花茎(かけい)は、ナバナとして食べることができます。花が咲く前に、茎を長めにつけて手でポキポキと摘み取って収穫します。

 

タネをとることもできますが、同じアブラナ科野菜の花粉と交雑しやすく、親の形質をそのまま受け継ぐとは限りません。タネをとる場合は、花が咲く前に不織布(ふしょくふ)や目の細かいネットなどで覆って、交雑を防ぐとよいでしょう。

 

ただし、F1品種(性質の異なる2つの品種をかけ合わせた雑種第一代)からできたタネは、交雑させていない場合も親の形質を受け継ぐとは限らないので、翌年新しいタネを購入したほうが無難です。

 

■『NHK 趣味の園芸 やさいの時間』2013年3月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000057022019_01_136

NHK連続テレビ小説 なつぞら(下)

2019年08月29日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000162682019_01_136

NHK俳句 ひぐらし先生、俳句おしえてください。

2019年07月20日発売

定価 1404円 (本体1300円)