趣味

「国へ返す」――趙治勲二十五世本因坊の目を覚まさせた木谷實九段の言葉


2015.02.28

イラスト:石井里果

NHKテキスト『囲碁講座』の人気連載「二十五世本因坊治勲のちょっといい碁の話」がスタートして間もなく一年。連載開始時から、一年の締めくくりには師匠の木谷實九段(故人)夫妻と木谷道場の話をすると決めていたという。

 

*  *  *

 

先生のところでお世話になるきっかけを作ってくれたのは、一足先に木谷門下生になっていた15歳上の兄、祥衍(七段)です。「ぼくは入門が遅かった。治勲はまだ間に合うから」と両親を説得したそうです。

 

叔父にあたる趙南哲(九段・韓国棋院名誉理事長)さんもいろいろと骨を折ってくださったと聞きました。南哲さんも木谷門下生。日本棋院初の韓国出身棋士でした。来日したのは、ぼくのお披露目の場として用意されていた「木谷一門百段突破記念大会公開早碁(昭和37年)」の前日。連載初回(14年4月号)でも触れましたが、6歳で親元を離れて日本に渡り、右も左も分からないうちに林(海峰名誉天元)先生との五子局に臨んだわけです。

 

林先生はぼくをサポートするように打ち進めてくれてね。最後は中押し勝ち。打ち続けていたらどうなっていたか分かりません。ただ、木谷先生はとても喜んでくれました。「この子を10歳までに入段させる」なんて宣言も飛び出すほどに。こうして木谷門下生としての生活が始まりました。

 

韓国では碁の天才と呼ばれていました。しかし道場には日本全国から天才が集まっています。確か加藤(正夫名誉王座)さんが10歳上、石田(芳夫・二十四世本因坊秀芳)さんは8歳くらい上だったかな。歳の差も大きいですが、力量も全く違った。

 

ショックです。自信喪失。やる気がなくなりました。周囲に持ち上げられて生きてきたぼくは真っ逆さまに転落ですよ(笑)。

 

そのうち道場には光一(小林名誉三冠)さんがやってきた。旭川の天才は、はっきり言って弱かった。光一さんもショックだったろうね。4つ年下のぼくにも勝てないんだから。でも彼は努力した。ぼくは加藤さんや石田さんに勝とうとしなかった。この差はすぐに表れて、あっという間に追い越されちゃった。来日して2、3年は何も勉強してないに等しかったなあ。

 

木谷先生が宣言した「10歳までに入段」はかなうはずもなく…。そこで厳しく叱られました。「国へ返す」と。この一言は頭を大きな石でガツンとやられたかのような衝撃でね。ようやく真剣に勉強する気が起こりました。ぼくの木谷道場での生活が本当にスタートした日だと思っています。

 

■『NHK囲碁講座』2015年2月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000057022019_01_136

NHK連続テレビ小説 なつぞら(下)

2019年08月29日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000162682019_01_136

NHK俳句 ひぐらし先生、俳句おしえてください。

2019年07月20日発売

定価 1430円 (本体1300円)