趣味

クリスマスローズの育て方 3つのコツ


2015.01.23

クロッカスやスノードロップ、キバナセツブンソウなどの小球根類とともに咲くクリスマスローズ。イギリスのプライベートガーデンの様子。撮影:今井秀治

ガーデニング王国イギリスでは、近緑種が自然の中で見られることもあり、古くからクリスマスローズを庭に取り入れてきました。どんな場所に、どんな植物と一緒に植え、どんな手入れをしているか……。日本での上手な楽しみ方、育て方のヒントを園芸研究家の横山直樹(よこやま・なおき)さんに教わりました。

 

*  *  *

 

イングリッシュガーデンに学ぶ 育て方のコツ

 

ポイント1:落葉樹の木陰に植える

 

クリスマスローズは花が終わったあとの春から秋の間も葉をつけたままの、常緑の宿根草です。十分な日光は必要ですが、夏の強い日ざしは苦手です。

 

自生地では、春以降枝葉が茂って秋には葉を落とす落葉樹の下で育ちます。植えつける際もそうした場所を選びましょう。秋以降には日がさすようになり、生育する時期にやさしい光がしっかり当たり、よく育って花つきもよくなります。

 

ポイント2:ふかふかの土に植えつけよう!

 

クリスマスローズは環境が合えば株が直径1m にも及ぶほど大きく育ち、根もよく張ります。かちかちの土は苦手です。植えつける際には40〜50cm以上掘り返し、鹿沼土や腐葉土(または堆肥)などを土によく混ぜ込み、ふかふかの土に植えつけましょう。

 

ポイント3:株間は40cm以上とる!

 

クリスマスローズはよく根を伸ばすので、あまり近くに複数の株を植えてしまうと、どの株も生育が思わしくなくなることがあります。あまり密植にせず、株間を40cmほどとって植えつけるようにしましょう。

 

※テキストでは苗の選び方や管理方法などを詳しく解説しています。

 

■『NHK趣味の園芸』2015年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000057022019_01_136

NHK連続テレビ小説 なつぞら(下)

2019年08月29日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000162682019_01_136

NHK俳句 ひぐらし先生、俳句おしえてください。

2019年07月20日発売

定価 1404円 (本体1300円)