趣味

豊川孝弘七段のギャグが炸裂! 大盛り上がりの公開収録レポ


2015.01.10

撮影:藤田浩司

平成26年10月19日(日)、茨城県・日立市にある日立市民会館で、NHKの6つの番組が震災復興への思いをこめ、公開収録を行いました。「将棋フォーカス」講師の豊川孝弘(とよかわ・たかひろ)七段は、講座、トークショー、席上対局の解説、指導対局の助っ人と大活躍。その模様をレポートします。

 

*  *  *

 

東日本大震災で大きな被害を受けた茨城県・日立市。復興への思いを届けるべく、「将棋フォーカス」講師の豊川孝弘七段、司会の岩崎ひろみさん、宮城県仙台市出身の中川大輔八段、平成26年3月までNHK杯テレビ将棋トーナメントで読み上げを担当していた藤田綾女流初段が日立市民会館を訪れ、イベントを行いました。

 

第1部は「将棋フォーカス」講座「豊川孝弘のパワーアップ手筋塾」の公開収録とトークショー。講座の公開収録では、豊川七段のテレビでおなじみの軽快なギャグが炸裂し、会場は爆笑の渦に包まれました。

 

トークショーでは、ゲストとして中川大輔八段と藤田綾女流初段が加わりました。会場からの質問に出演者が答える場面もあり、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

 

第1部終了後、休憩をはさんで第2部は、席上対局と指導対局。席上対局は、中川大輔八段に鹿島高校チームが二枚落ちで挑む「相談将棋」です。鹿島高校チームは、高校選手権・女子団体の茨城代表メンバーで、笠野里緒さん、笠井玲奈さん、保立祐希さんの2年生トリオ。着手は笠野さんが担当しますが、ピンチになったら大盤を使って相談しながら指し手を決めることができます。アドバイザーは豊川七段で、相談タイムは5回まで。

 

イベント参加者が見守る席上対局の緊張はたいへんなものですが、鹿島高校チームの集中力がすばらしく、「自分で言うのもなんですが、二枚落ち戦の好局です」と中川大輔八段が自賛するほどの大熱戦に。この対局の解説と棋譜は、テキスト『NHK将棋講座』の「将棋クローズアップ」で詳しくお伝えしています。

 

■『NHK将棋講座』2015年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000361362019_01_136

へんがおたいそう

2019年10月10日発売

定価 1980円 (本体1800円)

000069235892019_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 スカーレットPart1

2019年09月25日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)