趣味

花木の剪定はどうして必要なの?


2015.01.03

撮影:JBP

12月から2月は落葉樹の剪定適期です。剪定は毎年まめに行うことで、木の成長が穏やかになり、日当たりや風通しもよくなります。ただし、この時期ほとんどの花木には花芽ができています。花芽を切り落とすと、来春咲かないので気をつけて! 園芸研究家の川原田邦彦(かわらだ・くにひこ)さんに、剪定の基本について話を聞きました。

 

*  *  *

 

樹木は放任すると、樹高が高くなりすぎたり、枝が混み合って日当たりや風通しを損なったり、ほかの枝の成長を阻んだりします。そこで、定期的に幹や枝の成長を調節して、樹形や枝ぶりを整える必要があります。そのために不要な枝を切る作業が剪定の基本です。

 

ただし、冬に花木の枝を切るということは、多くの場合すでに枝についている花芽を落とすことを意味します。むやみに枝を切り戻すのではなく、不要枝を見極めて間引き(すかし剪定)、花芽のある枝をできるだけ温存しましょう。

 

06457122014_p062_01

イラスト:江口あけみ

 

※テキスト『趣味の園芸』2014年12月号では、ハナミズキやスモークツリーなど、人気花木の剪定例を写真入りで8通りご紹介しています。

 

■『NHK趣味の園芸』2014年12月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000402892020_01_136

NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビ (12)ラベンダー

2020年03月21日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000402882020_01_136

かゆいところに手が届く! 野菜作り 達人のスゴ技100

2020年02月21日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000061992892020_01_136

趣味どきっ!MOOK はじめてでも超簡単!1時間パン

2020年02月21日発売

定価 1100円 (本体1000円)