趣味

「マツのもみあげ」って何?


2014.12.25

もみあげをして、きれいな緑色の葉だけが残った枝 撮影:田中 哲

12月はマツの手入れどき。もみあげは、春のミドリ摘みと並ぶ、マツの二大手入れの一つです。園芸研究家の田中 哲(たなか・あきら)さんにもみあげをする目的を教えてもらいました。

 

*  *  *

 

マツは10月以降になると、昨年以前の葉が落葉の準備を始めます。放置すると、葉がダラダラと落葉して、庭掃除の手間がふえてしまいます。また、枝葉に古葉が引っかかって見た目が悪くなったり、病害虫の温床になったりします。さらに、古葉が大量に積もると、光や通風が奪われ、内部の枝も枯れてしまいます。

 

そこで、もみあげで古葉を落とし、すべての枝葉に日光が当たるようにします。

 

もみあげは、きれいな緑色の葉を残し、色が変わり始めた古葉や、枯れた葉を取り除く作業です。古葉を一度に落とすので、庭掃除も楽になります。

 

最初は、枝を触るだけで落ちる古葉を落とします。それでも落ちない古葉は、指でもみ落として取り除きます。

 

徒長枝があるときは、先に徒長枝を切り、短い枝を残してから作業します。

 

■『NHK趣味の園芸』2014年12月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000361362019_01_136

へんがおたいそう

2019年10月10日発売

定価 1980円 (本体1800円)

000069235892019_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 スカーレットPart1

2019年09月25日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)