趣味

聖夜を彩るポインセチアのリース


2014.12.19

撮影:田中雅也

鮮やかな赤と緑色のコントラストが美しいポインセチアは、クリスマスを彩るのには欠かせない植物です。ただ、1株の鉢を飾るだけでは少し寂しい印象に…。そこで今年は、ポインセチアのリースに挑戦してみませんか。園芸家の間室(まむろ)みどりさんが、あなたのお部屋をクリスマス色に彩る方法をご紹介します。

 

ポインセチアってどんな花?

 

ポインセチアは、日長が短くなってくると花をつける短日植物です。花がつくと、先端の“葉”も赤く色づきますが、じつは、この部分は葉ではなく「苞」と呼ばれる器官です。色づいた苞はまるで星のような形になります。

 

ヨーロッパでは「クリスマスの星」という意味の言葉で呼ばれるポインセチア。それは、キリスト誕生のときに輝いた「ベツレヘムの星」と赤い苞が似ていたからともいわれます。ポインセチアがクリスマスの定番となったのはそのような背景もあったのです。

 

リースに挑戦!

 

クリスマスリースをポインセチアでつくれば、より個性的で、華やかなリースになります。今回は、直径30cm・深さ9cmのリースポットと2.5号の小さな株を使って挑戦です。かわいいリースでクリスマスを飾りましょう。

 

ハツユキカズラを混植して動きを出し、オーナメントで華やかさを出せば、一気にクリスマスムードに。雰囲気のある椅子などに立てかけて楽しみましょう。

 

※テキスト『趣味の園芸』2014年12月号では、リースのほか、オシャレな寄せ植えのつくり方や、ポインセチアの手入れのコツをご紹介しています。

 

■『NHK趣味の園芸』2014年12月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000113542017_01_136

ミニマリストの持ちもの帖

2017年07月12日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000162532017_01_136

名句徹底鑑賞ドリル

2017年07月27日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000069235802017_01_136

連続テレビ小説 ひよっこ Part2

2017年07月31日発売

定価 1188円 (本体1100円)