趣味

イチゴの実の赤い部分は「果実」ではなかった!


2014.12.17

イチゴの実の赤いところが果実、表面のツブツブがタネ、と思っている方は多いのでは? これはなんと誤り。この時期のイチゴの手入れ法も合わせて、恵泉女学園大学人間社会学部教授(生活園芸、野菜園芸学)の藤田智(ふじた・さとし)さんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

イチゴの赤い部分は果実ではなく、雌(め)しべの土台となる部分で「花托(かたく)」と言います。その表面にあるツブツブはタネではなく、この一粒一粒が果実です。果実の一つ一つの中にタネが入っています。

 

秋冬&冬越し イチゴの手入れ

 

寒い冬を乗りきるために休眠(きゅうみん)するので、ほとんど変化は見られません。一定期間、寒さに当たらなければ休眠から覚めないため、防寒は不要です。

 

周囲に雑草があると、栄養分を奪われてしまいます。こまめに取っておきましょう。寒さや霜で傷んだり、枯れたりした葉を放置すると、病気やカビの原因になります。早めに摘み取りましょう。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2014年12月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000064072492019_01_136

韓国ドラマ「100日の郎君様」公式ガイドブック

2019年07月17日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000057062019_01_136

クジラアタマの王様

2019年07月09日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992842019_01_136

NHK趣味の園芸 多肉植物 パーフェクトブック

2019年06月25日発売

定価 1512円 (本体1400円)