趣味

お気に入りの和布で作ろう! ノスタルジックな猫のぬいぐるみ


2014.10.16

綸子の猫のぬいぐるみ 撮影:中野博安

織りや染め、手をかけて作られた日本の布。手芸デザイナーの寺西恵里子(てらにし・えりこ)さんが、その和の布で作った猫のぬいぐるみは、ノスタルジックでやさしい雰囲気。少しの布で作れるので、着物リメイクの残り布も活用できます。

地模様の美しい綸子(りんず)を使ってみました。柄を生かして布をカットしたら、華やかな女の子になりました。


09467102014_p062_01

かすれた柄がカラフルで、手に入りやすいのもうれしい銘仙(めいせん)もおすすめ。裂けやすい生地なので、心配な場合は接着しんをはりましょう。

09467102014_p062_02

実物大型紙、作り方は『すてきにハンドメイド』2014年10月号に掲載しています。

■『NHKすてきにハンドメイド』2014年10月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000361362019_01_136

へんがおたいそう

2019年10月10日発売

定価 1980円 (本体1800円)

000069235892019_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 スカーレットPart1

2019年09月25日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)