趣味

屋敷九段が教える「ストレスをためない詰将棋」


2013.03.03

「詰将棋は解けないと非常なストレスになります。それはプロも同じで、私もよくイライラしていますよ(笑)」と語るのは屋敷伸之九段。そういうときは答えを見てしまっても構わないという。目的は詰み形を覚えることにあるため、解ける解けないはある意味二の次なのだ。屋敷九段に詰将棋の学び方を聞いた。

 

*  *  *

 

私もプロになるまではよく詰将棋に取り組んでいました。奨励会時代は「将棋無双」「将棋図巧」という非常に有名な江戸時代の詰将棋集に取り組んでいました。いまでも名作の誉れ高く、非常に難しい。「将棋図巧」でいちばん手数が長いものは611手! 何日もかけてうんうん言いながら詰ませるのです。当時、米長邦雄永世棋聖が「将棋無双と将棋図巧を全部解けば四段になれる」と発言されていたことに影響を受けました。

 

プロになってからはしばらくサボっていましたが、ここ5、6年でまた解くようになりました。研究会で「詰将棋早解き合戦」をやっており、少しは準備しておかないとまずいんです(笑)。かなり難しいものにチャレンジしており、1、2時間かけても解けないこともあります。途中で寝てしまうこともあったりして(笑)。皆さんもやってみたら面白いかもしれません。

 

■『NHK 将棋講座』2013年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000057062019_01_136

クジラアタマの王様

2019年07月09日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992842019_01_136

NHK趣味の園芸 多肉植物 パーフェクトブック

2019年06月25日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000061992812019_01_136

NHKすてきにハンドメイドセレクション すっきり見えて心地よい チュニック&パンツ

2019年05月21日発売

定価 1404円 (本体1300円)