趣味

金秀俊八段が碁界に広げるテニスの輪


2014.09.29

イラスト:丸山誠司

囲碁界のムードメーカーといえばこの人。金秀俊(きむ・すじゅん)八段の周りにはいつも活気と和やかな笑顔が絶えない。趣味のテニスも、幹事役を買って出て、棋士仲間を「気まぐれに(笑)」次々と誘って輪を広げている。

 

*  *  *

 

金/テニスを始めたのは、治勲先生(趙治勲二十五世本因坊)の内弟子時代です。先生は弟子たちをいろいろな所に連れ出してくださったんですが、もともと先生が会員だったテニスクラブにも皆で通うようになったんです。本格的なレッスンも2年ぐらい受けました。独立してからしばらくテニスとは離れていましたが、また始めたくなって棋士仲間を誘うようになって…。一時期中断してたら、皆、声がかかるのを待っていて(笑)、最近は4人集まれば開催する感じで、週に一回ぐらいのペースでやってます。若いころは体力にも自信があって、サーブ&ボレーを目指しましたが、今は、サーブを打ったあとに走るのがしんどくて。しかも、サーブもちゃんと入らない(笑)。だから、楽しむほうが優先です。三村智保さん、河野臨さん、加藤充志さん、黄翊祖さん、高梨聖健さん、井澤秋乃さん夫妻、大澤奈留美さん、奥田あやちゃん…いろんな人が来てくれて、ダブルスの試合形式でわいわいと楽しんでます。テニスにも棋風が出る気がしますね。臨君は、受けがうまいしプレッシャーに強い。僕は攻めるけど、プレッシャーに弱い(笑)。棋士は意外と運動神経がいい人が多くて、経験がなくてもだんだんうまくなっていきます。それに、「勝負」となると盛り上がりますね。2時間くらい汗をかいて、そのあと少しビールを飲みます。これが本当にうまい(笑)。体力づくりという目的ももちろんありますけど、楽しい気分転換ですね。

(談)

 

■『NHK囲碁講座』2014年9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000057022019_01_136

NHK連続テレビ小説 なつぞら(下)

2019年08月29日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000162682019_01_136

NHK俳句 ひぐらし先生、俳句おしえてください。

2019年07月20日発売

定価 1404円 (本体1300円)