趣味

スマホ初心者講座 アプリ内の「コンテンツ課金」を制限する方法


2014.08.03

NHK Eテレの「『趣味Do楽 スマホ&タブレット 使いこなそう! 便利なアプリ』」で講師を務める岡嶋裕史さん。撮影:丸山 光 ※P4より

スマートフォンに変えたら、多額の請求がきて驚いたという人もいるかもしれません。基本料金が旧来型の携帯電話より高いというのも理由のひとつですが、「コンテンツ課金」による可能性も。NHK Eテレの『趣味Do楽 スマホ&タブレット 使いこなそう! 便利なアプリ』で講師を務める岡嶋裕史(おかじま・ゆうし)さんに、コンテンツ課金の落とし穴についてうかがいました。

 

*   *  *

 

スマホやタブレットでは、欲しいサービスだけを利用に応じて購入できる「コンテンツ課金」という仕組みがあります。音楽や映画などさまざまなデータをお店に行かずに購入できるので便利です。また、ゲームアプリなどでは、アイテムを購入することで、通常よりもゲームで遊べる回数が増えたり、キャラクターを着飾ることができたりします。

 

しかし、クレジットカードによる引き落としの場合、お金を使っているという実感が湧きにくいので注意が必要です。また、子どもに遊ばせる際などは、勝手に課金されないように設定しておくことをおすすめします。

 

アプリ内課金を制限する方法は以下のとおりです。

 

iOSの場合

 

(1)「設定」アプリを起動し、「一般」→「機能制限」の順にタップする。

(2)「機能制限を設定」をタップし、パスコードを設定する。

(3)「App内での購入」をオフにする。これで、アプリ内課金をする際に、パスワードの入力を求められるようになる。

 

Androidの場合

 

(1)「Playストア」を起動し、トップ画面で左上のアイコンをタップ。メニュー内の「設定」をタップする。

(2)「購入時にパスワードが必要」をタップし、パスワード入力のタイミングを設定する。次回以降、アプリ購入などでパスワードの入力が求められる。

 

■『『趣味Do楽 スマホ&タブレット 使いこなそう! 便利なアプリ』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000361362019_01_136

へんがおたいそう

2019年10月10日発売

定価 1980円 (本体1800円)

000069235892019_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 スカーレットPart1

2019年09月25日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)