趣味

工藤紀夫九段は生活が苦しくなると成績が上がる?


2014.06.19

第23期天元戦就位式 写真提供:日本棋院 

工藤紀夫(くどう・のりお)九段37歳のときに趙治勲(ちょう・ちくん)二十五世本因坊から初タイトルとなる王座を奪取するも、翌年の防衛に失敗。二つのリーグ戦にも落ちてしまう。そこから20年もの月日を経て、工藤九段は57歳で天元位を獲得、世の熟年囲碁ファンからの大喝采を浴びた。73歳の今、自身の囲碁道を振り返り「生活が苦しくなったときに成績が上がっているのかな」と話す。

*  *  *

57歳でタイトルを取ったということで、周囲の皆さんはかなり褒めてくださったそうですけど、私の中では「不思議だな」という思いしかありませんでした。また強くなったんじゃないかと錯覚もしましたし…。

でも次の年、小林光一さんにタイトルを取られて、その翌年にまた挑戦しましたが負かされ、以降はまた元どおりの成績に…。37歳のときもそうだったのですが、どうやら私の場合、2年か3年、突如として成績がよくなるんですね。

今になって振り返ってみると「生活が苦しくなったときに成績が上がっているのかな」という気はしています。

37歳のときは、結婚して家を買ったことでお金がなかった。そして57歳のときは新しく家を買って借金があった…。で、タイトルを取って金銭的に安心してしまうと、成績もまた元どおりになるという…。

女流棋士はおなかに赤ちゃんがいると、みんな成績がよくなるじゃないですか。あれと同じことが、私の場合は起こっているのではないでしょうか。

私はね、続かないんですよ。安心してしまって…。

年齢について

57歳でタイトルを取って、59歳のときまでタイトル戦に出ていたから、その後もあまり急激に弱くなることはないと思っていましたが、やはり60歳を超えたら、碁は弱くなりますね。

私の場合は、先ほどお話ししたモチベーションの問題もあるのかもしれませんが、60歳を超えたら手が読めなくなりました。読めても時間がかかるんです。計算もできない。できてもやはり時間がかかる…。さらに、間違えようのないところで間違えるようにもなりました…。

私の同期9人のうち、3人が亡くなりまして、3人が引退。残っているのは私をふくめて3人(林海峰名誉天元、高見沢忠夫六段)だけになりました。でも杉内雅男先生(93歳)のように今なお立派な碁を打っておられる先輩もいるわけですから、私も体が丈夫なうちは手合いに精進したいと思っています。

■『NHK囲碁講座』2014年6月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000000162602018_01_136

NHK囲碁シリーズ 目指せ中級 序盤の基礎力アップ

2018年07月14日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000056972018_01_136

ルーム・オブ・ワンダー

2018年08月25日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992692018_01_136

そのまま切って使える型紙BOOKシリーズ こうの早苗の ワンピース

2018年09月18日発売

定価 864円 (本体800円)