趣味

初心者でも上手に作れる技を伝授! 小玉スイカとキュウリを作ろう


2014.05.25

暑い夏にこそ味わいたいのが、よく冷えたスイカとキュウリ。恵泉女学園大学人間社会学部教授(生活園芸、野菜園芸学)の藤田智(ふじた・さとし)さんは、「どちらも無理なく作れ、初心者にもおすすめです」と話します。

 

*  *  *

 

スイカもキュウリも、家庭菜園で育ててみたい野菜のランキングで上位に入る人気者。いずれも果実の約90%以上が水分で、さっぱりとしたみずみずしさが特徴です。

 

スイカは「初心者には難しいのでは?」と思われがちですが、小玉スイカは大玉スイカよりも作りやすく、上手に育てれば1株で3〜4個収穫できます。大玉スイカの栽培には2m四方のスペースが必要ですが、小玉スイカなら、支柱を立てて立体的に栽培すれば1m四方のスペースでOK。狭い菜園でも無理なく挑戦できます。冷蔵庫に丸ごと入る、使いきりサイズも魅力です。

 

一方のキュウリは、果菜類(かさいるい)のなかでも生育期間が短いのが特徴で、植えつけから約40日で収穫が始まります。植えつけは遅霜の心配がなくなってから。スクリーン状に園芸用ネットを張って育て、1株当たり40〜50本のどっさり収穫を目指しましょう。

 

どちらも、適切に管理作業を行うことで、おいしい果実をたくさん収穫しましょう。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2014年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000312142020_01_136

スウェーデンから届いた とっておきニット 帽子・ミトン・ベスト

2020年01月16日発売

定価 1980円 (本体1800円)

000000093602020_01_136

QUEEN in 3-D

2020年01月24日発売

定価 5940円 (本体5400円)

000000312132020_01_136

斉藤謠子の 布で描くいきものたち

2020年01月24日発売

定価 1980円 (本体1800円)